トビハゼ Periophthalmus modestus
ハゼ科トビハゼ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > トビハゼ

トビハゼ

【生息場所】 河口域にある軟らかい泥質の干潟に多く生息する。主に汀線付近で見られる。
【外観・生活】 全長約8cm程度の汽水魚。体は灰褐色で生息地の泥の色とよく似ている。体側には濃淡の模様があり黒点が散在する。腹面は白い。 眼は大きく、左右がくっついている状態で頭上に突き出ている。平坦に広がる干潟を見渡すのに役立つのだろう。 眼の下にはくぼみがあって眼をしまうことができ、クリッと動かしてまばたきをしているような仕草を見せることがあって可愛い。 本種の特徴は、胸びれの付け根の筋肉が発達していて、それを腕のように使いながら泥底をはい回ること、 水面や泥面をピョンピョン跳びはねて移動することだ。魚なので当然えら呼吸もできるが、陸上では主に皮膚呼吸をするそうだ。 ただ、体が乾くと皮膚呼吸ができないので、時々ゴロリと体を横にして体に水を塗りたくる行動が見られる。 4~10月の活動期には、昼間の干潮時に泥面上で稚ガニやゴカイなどの底生小動物を捕食している。 潮が満ちてくると水から逃げるように岸辺の石や木杭などによじ登って潮が引くのを待っている。魚なのに水中生活は嫌いらしい。 6~8月は繁殖期で、雄は肌色のような体色になって、求愛ジャンプをして雌にアピールする。 雌が寄って来ると雄は尻振りダンスをしながら雌を巣孔に誘い込み産卵にいたるそうだ。 夏も終わりに近づけば、小さなかわいい幼魚がたくさん見られるようになる。近づくと散るように逃げる小さな物体が目に入るので発見するのは簡単だ。 1年で体長5cm程度に成長し雄は成熟、雌は2年目以降に体長8cm程度になり成熟するそうで、干潟で見られる大型個体はほとんどが雌ということになる。 11月~3月は休止期で、終日泥の中につくった巣孔でえさもとらずに過ごす。その期間は私たちの目に触れることがない。
【捕る】 警戒心が強く逃げ足が素早いので捕るのは一苦労だ。「あ、いる」と思って近づくと水面をピョンピョン跳ねながら逃げ、離れた泥の上でとまる。 また近づいて・・・としてると、そのうち水中に入り泥の中に姿を消してしまう。 泥に足をとられながらなのでこちらも勘弁して欲しいところだが、向こうも追いかけっこはあまり好きではないようだ。 タモ網に足で追い込んで捕ることはできないので、上からかぶせるようにして泥ごとすくい捕る。
【その他情報】 トビハゼという名は、移動のときに跳びはねることが由来。
【コメント】 本種は陸上生活に適応進化した魚のひとつだ。 見た目はとーっても不細工なのに、はったり、跳んだり、転がったり、まばたきしたり、その仕草は愛嬌たっぷり。 水辺でないと生きていけないのに、水を嫌っているかのような振る舞いは大変面白く、これは本当に魚かと思ってしまうほどだ。 本種との出会いは、干潟でカニ達の求愛ダンスを眺めていた際、ふと近くの水際に目をやると背びれを広げる個体が目に入ったときだった。 その近くにはさらに2匹。写真を撮ろうと思って近くまで寄ると、3匹ともピョンピョンと水面を跳ねて離れたところに逃げられてしまった。 その様子は、川面に平坦な石を投げて、石がチョンチョンと跳ねる回数を競う子供の遊びを思い出させ、器用に跳びはねるんだなあ、と感心した。 ところでトビハゼといえば、NHKの2355という深夜番組が思い浮かぶ。 その番組ではトビーという名のトビハゼの仲間が出てくるコーナーがあるのだが、そのトビーがなかなか癒してくれるからだ。 癒しのトビーを一度飼ってみたいと思うのだが、不慣れな汽水生物、生活の場が泥上、魚なのに水嫌い、活動期と休止期・・・なんてことを考えると、 どうも難しそうな感じがして、干潟だけの出会いにしている。

春の干潟で出合った個体。 タマリの泥底でタモ網に入った。活動期はまだ先で、水中の泥底でじっとしていたようだ。何カ月も餌をとっていないからだろう、少し痩せている感じだった。

夏の干潟で捕った個体。 水際の軟らかい泥の上で見つけた。全長は6cmくらいだった。

秋の個体。 近づくと水が引いた泥底をピョンピョンと逃げる。観察ケースに入れるとひれを広げてポーズしてくれた。

8月の終わりに捕った今年生まれの幼魚。 全長は3cmほど。近づくとあちらこちらで幼魚が跳ねながら散るように逃げていく。 すばらしい環境だ。

さらに小さい幼魚。 この個体は全長は2cmくらいかな。かわいらし過ぎる・・・。

9月に行ってみると 少し大きくなった個体が見られた。おチビちゃんもたくさんいた。

5月下旬に捕まえた個体。 そこは小型の個体が多く見られ、子供のよき遊び相手になってくれた。

気温が下がると動きはやや緩慢になる。 手のひらにのせてもすぐに動かない。

水中から周囲をのぞく。 胸びれを腕のように使って体を支えている。第二背びれには黒色の筋模様がある。雰囲気はなんとなく両生類、爬虫類・・・。

初夏に出会った個体。 近づくと尾部を上手に使ってピョンピョン逃げてしまう。左は卵をもっている雌かな。

胸びれの付け根が腕のようだ。 この胸びれを使って、泥底の上をのそのそはい回る。

腹面は白く、 腹びれはチョウネクタイのような形をしている。壁面などにはり付くときはもちろん、泥底をはい回るときにも胸びれと一緒に腹びれも上手く使う。

大きな頭に飛び出た目が特徴的。 こういうアングルは特にかわいいね~、愛嬌抜群。

「何見てんのよ~」って言われているようだ。

石に寄りかかる姿。本種らしい、ええ感じ。

last modified : 2017/3/20
created:2015/6/10

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system