ツマグロスジハゼ Acentrogobius sp. 2
ハゼ科キララハゼ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > ツマグロスジハゼ

ツマグロスジハゼ

【生息場所】 河口域にある干潟や内湾のアマモ場のなどの泥底や砂泥底などに生息する。スジハゼの仲間では比較的塩分の低いところにも姿を現すようだ。
【外観・生活】 全長5cm程度の小さなハゼ。吻は寸詰まりで、口は下あごがわずかに突出している。 体側には黒色斑が散在するが、中央にはそれらが並び2本の縦条が走る。頭と体側には青く光る斑があって美しい。 尾柄部の黒斑の下には斜め上方に向かう黒色線があり、尾びれ下部には黒色で縁取られる部分がある。 腹びれの先端、つまり端(つま)が黒いことが和名の由来だ。 テッポウエビ類と共生関係を示すそうだが、単独で生活する個体も多いそうだ。 繁殖期は春から夏で、テッポウエビの巣穴や貝殻の下などに産卵し、親魚の多くは産卵後死亡するという。 孵化した後は浮遊生活を経て、夏から秋に着底、生後約1年で成熟するようだ。ゴカイ類などを食べる動物食性。
【捕る】 砂泥底をタモ網で引きずる。
【その他情報】 スジハゼ類は色彩や生息環境が異なる3種類が含まれていることが以前から指摘されていて、それらはスジハゼA、スジハゼB、スジハゼCと区別されていた。 2013年2月26日に発刊された日本産魚類検索全種の同定第三版にてそれぞれに標準和名が与えられた。 本種はスジハゼAと呼ばれていた種に該当し、スジハゼBは現在のスジハゼ種、スジハゼCはモヨウハゼ種だ。
【コメント】 本種はこれまでに出会ったハゼたちの中ではかなり後の方で捕まえた部類だ。 もともと南方に多いことや、スジハゼ類は総じて塩濃度が比較的高いところを好む(?)ためかもしれない。 全国的に見れば普通種だし、場所や時期さえミートすれば、河川内でも簡単に出会うことができる種類なのだと思う。 はじめて捕まえた個体は小さかったが、青く輝く斑点がとても印象的だった。 そのとき本種がツマグロスジハゼという和名であることがわかっていれば、 もっと筋模様(スジ)に注意したし、名前の由来になっている腹びれの先端(ツマグロ)ももっとよく見たのに・・・。 家に帰り和名を知って後悔した。次出会ったときの楽しみだと思えるから、いいんだけどね。

早春に捕まえた個体。 全長は3cmを超えるくらい。体側には黒色斑が並んでいるが、和名のもとになったと思われる筋模様は・・・明瞭ではないな。 尾びれ下部が黒色なのが本種の特徴だ。

別個体。 筋模様が見られる。全長は3.5cmくらい。

腹びれは吸盤状だ。 ツマグロ(端黒)には見えないが本種で良いと思う。

秋に干潟で捕まえた個体。 全長3cm程度。砂泥底にタモ網をはわせると薄茶色の泥に混じって、青い斑点をキラリと輝かせてくれた。腹びれのツマ(端)がクロ(黒)い。

さらに小さい個体。 はじめは青色斑点が見られたが薄くなってしまった。タマリの石の脇をけりこむとタモ網に入った。

全長3.5cm程度の個体の 頭部。吻はとても短く口は上を向いていて下あごが出ている。胸びれ基部には黒点がある。

体側の水色が美しい。

尾びれの下方に 黒い部分があることも特徴。

真上から。 一般的なハゼのシルエットだ。

小型個体を正面から。 ほほを走る2本の褐色線、大きな眼が印象的だ。

手にするとこんな感じ。 体には透明感がある。

last modified:2017/3/24
created:2016/11/8

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺Since 2010
inserted by FC2 system