ウグイ Tribolodon hakonensis
コイ科ウグイ亜科ウグイ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > ウグイ

ウグイ

【生息場所】 河川の上流から下流まで、湖、池沼、汽水湖、内湾など。生息範囲は広いが、大阪周辺ではあまり見かけない。
【外観・生活】 全長は30cm程度になる。体は流線型で細長い。鱗はかなり細かく、背面は濃灰褐色で腹面になるに従い銀灰色になる体色をしている。 日本のウグイ属は4種類が知られていて、本種は最も普通に見られる種。 生息魚種の少ない河川では本種が優先する傾向があるらしいが、大阪府内で捕まえたことはなく、ピンとこない。 産卵期は春から夏にかけてで、桜の開花時期と一致するという。雄、雌ともに鱗は皮膚に埋没して、体表はザラザラした感じになる。 これは産卵の時に砂礫で体が傷つかないようにするためだそうだ。 体側には鮮やかなオレンジ色をした3本の縦条線を発色し、頭部や背には細かな追星がたくさん現れる。 産卵の様子は以前TV番組で見たことがあるが、瀬に大群で集まり、適度に流れのある礫底の斜面に向かって雄雌がそろって突入し、 砂礫の中に粘着性のある卵を産み付ける。雑食性で、付着藻類や底生動物など何でも食べるそうだ。
【捕る】 大河川、流れのある農業用幹線水路などの限られた数カ所で、10~15cm前後の若魚を捕った経験が多い。 アカムシや練り餌をエサにした釣り、岸辺の水草の脇をタモ網を使って捕る。
【その他情報】 青森県恐山の池にすむウグイは、他の魚がすめないような、PH3という強酸性の水に生息することで有名。 日本の淡水魚の中で、これほど広範囲にわたり様々な環境で生息できる種は他にないという。降海型と淡水型があり、形態的にも多くの変異があるそうだ。 琵琶湖には河川残留型と降湖型が生息しているとされ、降湖型は琵琶湖で成長した後、河川に遡上して産卵する。 しかしこれら2型の差異詳細については不明とされている。なお、ウグイの語源は「浮く魚」、「海鯉」、「鵜が食う魚」など諸説がある。
【コメント】 釣りの本や子供向けの魚の図鑑では必ず出てくるが、私にとっては子供の頃からほとんど馴染みのない魚のひとつ。 ふとしたことで10cmにも満たない個体がほんのたま~にタモ網に入るくらい。 たまたま私の活動範囲が本種が多く生息していない領域だからなのか、捕り方が悪いのかよくわからない。 婚姻色をまとった成魚も手にしたことがなかった。 ところが、まだ桜の蕾が膨らみ始めた頃のとある河川で、はじめて成魚を目にする機会があった。 川には雪解け水が流れ込んでいるようで、水量が多くやや濁っていたが、水面から時折パシャ、パシャと魚がはねる様子が見られ、 よく見ると川にうっすらと黒い帯ができている。それは産卵のため河川を遡上をしはじめた本種の大群だった。 別場所では、婚姻色をまとった成魚もはじめて捕ることができた。 本物を見るまでは下品な婚姻色だなあと思っていたが、実物を見るとこれはこれで美しいことに気付いた。春のウグイ、なかなかのものである。

全長30cm程度の雄。 濃灰色とオレンジ色というコントラストが効いた婚姻色がよく目立つ。 うちの子供は下にあるような10cmくらいの個体しか見たことがなかったので「ウグイってこんなに大きくなるんやあ」と驚いていた。

この個体も雄だった。 繁殖期の個体は肌がザラザラでサンドペーパーみたい。ヌルヌルしないのでつかむのが簡単だ。腹を下向きに軽く押すと精子がタラーッっと流れた。 中には体の一部が白いカビで覆われている個体も捕れた。

近づくと逃げるが、 タモ網を振り回せば何とか捕まえることもできる。春の日差しを浴びて、婚姻色が輝く。

雌は婚姻色がやや薄めなのかな。 持ち上げると黄色の卵がドバドバ流れた。ごめんなさい・・・。

頭部から背にかけて追い星が散らばる。 川の上から見ると黒っぽい魚影として映る。

大きな雌。本種は横にならずに腹ばいになる。

春の琵琶湖流入河川の若魚。 全長4cm程度。スゴモロコなどと一緒に捕れた。鱗は大変細かく、背が緑がかった褐色で、金色の縦帯が見られる。

春の河川で捕った若魚。 全長8.5cm程度でちょうど1歳というところかな。捕った瞬間は背が濃いオリーブ色をしていたので、早く成長したアユが捕れたと思った。

夏の河川で捕った個体。全長は5cm程度だった。

夏の用水路で捕った全長4cmの個体。

初冬に捕った個体。 細長くスラッとした体形だったのでタモ網に入った個体を掴んだ感触では、最初はアユかと思った。横から見て間違うことはないけど。

同じく初冬の個体。きめ細かい銀色の鱗が本種の証。

冬に別場所で捕った若魚。 背は褐色で、体側にはうっすらとオレンジ色の線が見られる。

冬に農業用水路で捕った個体。 この用水路では真冬にのみ見られる。ウグイは季節によって大きく移動しているのだろう。

別場所の個体。鱗が大変細かいことがわかる。

さらに別場所の個体。これも冬に捕れたものだ。

若魚を真上から。 体色は薄れている感じがするが、背は一様にオリーブグリーンをしている。

若魚を正面から。かわいい顔をしている。

水中の個体をパチリ。 繁殖期の成魚は黒色とオレンジ色のコントラストがとてもきれいだ。頭部から背面の追い星がスゴイ!

成魚の頭部拡大。口ひげはなく、吻端が尖っている。

堰の下に群れていた。 こんな鮮やかなオレンジ色があるだろうか。素晴らしい!

産卵のために集まった集団。 産卵に夢中なのか案外近くまで寄れるが、近寄り過ぎるとサーッと逃げる。産卵に適した場所というのがあるようで、そのうちまた同じ場所に集まってくる。

last modified:2016/4/25
created:2012/1/7

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system