ウツセミカジカ Cottus reinii
カジカ科カジカ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > ウツセミカジカ

ウツセミカジカ

【生息場所】 琵琶湖固有種で、琵琶湖流入河川下流部、湖岸の砂礫底に多い。 秋冬には琵琶湖の水深60~80mのかなり深いところにいるらしいが、その年生まれの幼魚など、すべての個体が琵琶湖に移動するわけではないようだ。
【外観・生活】 全長10cm程度。容姿はカジカ(大卵型)に酷似するが、 胸びれ条数が多いこと(本種は15~17本)、尾柄高が低いこと、卵が小さいことなどで区別される。体色は薄褐色から暗褐色まで変異に富んでいる。 3月から5月が繁殖期で、湖岸と流入河川下流の礫底の浮石の下に雄が縄張りをつくり、雌を誘い入れて産卵する。婚姻形態は一夫多妻なんだそうだ。 雄は孵化まで自分の卵を見守る。 孵化した5mm程度の仔魚たちは川を流れ下り、約1ヶ月間琵琶湖で浮遊生活をした後、全長10mm程度に成長して底生生活に移るそうだ。 成魚は夜行性で、主に水生昆虫や甲殻類などの底生小動物を食べる。
【捕る】 川岸の草むらや石などに体を寄せているので、タモ網を構えて捕る。 多く捕れる時期、捕れない時期はわりとはっきりしていて、多く捕れるのは繁殖期である春から初夏にかけてだ。
【飼う】 飼育はカジカ(大卵型)同様に難しい部類だろう。飼育にはクーラーが必須かもしれない。
【その他情報】 カジカ類は、河川上流域に生息する陸封性の大卵型と、中・下流域に生息し両側回遊性の中卵型および小卵型の3つに分けられている。 本種はカジカ小卵型と遺伝的に差がなく、琵琶湖固有の湖沼陸封性地域個体群とされている。卵は最も小さいそうだ。 湖の環境悪化および外来種の増加により、個体数は急速に減少しているらしい。
【コメント】 本種は一部の南湖流入河川でも確認できるが、北湖の流入河川に広く分布している。私がはじめて捕った琵琶湖固有種が本種だ。 初夏の厳しい日差しの中、湖岸でタモ網を振り回していたときに、湧き水による冷たい水が流れ込む細流を見付け、 その合流地点で小さな個体を数匹捕った。 それまでヨシノボリ類は多く捕っていたが、よりカクカクした体つきに、よりはっきりしたコントラスト模様なんかを見て、 即座にカジカの仲間が捕れたと思い、テンションが上がった。 その後、あちこちで本種を捕っているが、はじめて捕った場所の景色やその時の気分の高揚はよく覚えている。

3月中旬に捕まえた個体。 大きな頭に大きな胸びれをもつ。顔はカジカ(大卵型)そっくり。どこか愛嬌がある。

4月に捕った全長6cmの個体。 琵琶湖流入河川にいる・いないは時期により結構はっきりしている。

4月に捕った5cm程度の個体。 トウヨシノボリと一緒に大量に捕れた。

4cm程度の若魚。 4月には琵琶湖流入河川で普通に見られるようになる。

全長8cmほどの個体。 琵琶湖に流れ込む小さな水路で捕った。琵琶湖から続く三面コンクリート部分に生き物は見られないが、草が生える土手、砂底になるとわんさかといた。

5月末に捕った個体。

胸びれを広げると こんなに大きい。 濃い体色は河川環境によるのだろうか。

赤みが強い個体。 全長7.5cm程度。琵琶湖流入河川河口部の砂泥底で捕まえた。

6月の湖西の流入河川下流部で。 流れの速い岸草の下に隠れていた。

6月に捕った全長7cmの個体。

梅雨の中休みに捕った個体。 川の水は少なく水温がかなり高かった。カジカ類は冷水に住む印象をもっていたので意外。ある程度なら高水温に耐えられるということだろう。 全長はおよそ7.5cmだった。

初夏に捕まえた個体。 全長9cm程度。水中を泳ぐときはこんな感じかな。尻びれ全開。

初夏の琵琶湖流入河川で コアユに混じってタモ網に入った。 全長7cmくらい。

初夏に捕まえた個体。 背びれが3つあるように見えるのは、第2背びれが割れているからだよ。

初冬の小河川でタモ網に入った。 全長は7cm程度。観察ケースに入れると落ち着かない様子だが、こんな風に尾びれをくねっと持ち上げる姿をすることがある。

早春に捕った個体。 尾柄は大変細く、頭部が大きい。胸びれを広げたところをパチリ。

早春の雌。 卵でお腹がぷっくり。

腹びれには模様がなく、 吸盤状になっていない。

こんなアングルで見ると 砲弾のように見える。

初夏の琵琶湖で捕れた 15mm程度の小さな小さな個体。冷たい湧き水が流れ込む細流との合流地点で捕れた。琵琶湖固有種の中で私がはじめて捕った個体だ。

琵琶湖河口域で捕れた稚魚。 透き通った川底を見てみるとピョンピョン動く本種がウジャウジャいる。

冬に琵琶湖流入河川河口部で 全長2~3cmくらいの個体がたくさん捕れた。成魚は全く捕れなかった。越冬のため既に琵琶湖に下った後なのだろう。

春の河川で捕った成魚。 捕れたときはカジカ(大卵型)かも?と思ったが、胸びれの条数を数えて本種と確認。16本でした。

カジカ(大卵型)は 観察ケースにぴったりと体を寄せようとするが、本種はその傾向はやや弱いように思う。

早春に捕った個体。 この個体、妙に胸部が大きくてマッチョだ。

全長10cm程度の個体。 カジカの仲間は観察水槽に入れると、尾びれをキュッと縮ませてクネッと上に上げるポーズをよくする。 ここまで大きな個体はあまり捕った経験がないが、尻びれがとても大きくて印象的だった。

ウツセミカジカの頭部。 少しわかりにくいが胸びれ条数は16本。カジカ(大卵型)よりも明らかに多い。

かわいい顔をしている。 胸びれ条数は正面から見る方がわかりやすい。

琵琶湖流入河川下流部で。 周囲に溶け込む体色・模様だ。これはちょっとだけやらせ写真。

last modified:2017/6/19
created:2012/1/7

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system