ワタカ Ischikauia steenackeri
コイ科カワヒラ亜科ワタカ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > ワタカ

ワタカ

【生息場所】 琵琶湖・淀川水系の固有種とされるが、移植や琵琶湖産アユの放流に伴い各地に分布している。奈良県の寺院の池などにも古くから移植されているそうだ。 ヨシ場、河川下流部や流れのほとんどない用水路、ワンドや池などに生息する。
【外観・生活】 全長30cm程度。総じて銀白色の体をしているが背面は灰青緑色っぽい。体は細長く側扁していて、小さな頭に目がギョロリ。口は斜め上を向いている。 大きな個体では、頭部の後方背面が盛り上がる。尻びれ基底が長く、日本産コイ科の中で最大だ。 水草の茂った浅瀬に生息し、小群で移動しながら生活している。 産卵期は6~7月。日本産コイ科魚類の中では最も高い22~25℃の水温で、 主に降雨後の夕方にヒシなどのある水草地帯に大きな群れで集まり、産卵するそうだ。 雑食性であるが、満1年以上になると水草を主食にする。在来種の中で大型水生植物を中心に食べるのは本種のみ。 コイ科の仲間にはのどに咽頭歯をもつが、本種にも何本もの咽頭歯があり、この歯で草をすりつぶして食べている。 また草を消化できるように全長の約2倍もの長い腸をもっているそうだ。
【捕る】 釣り、タモ網で捕ることができる。鱗が剥がれやすく、傷つきやすいのですぐに弱ってしまう。
【その他情報】 琵琶湖・淀川水系固有種とされているが、本種の咽頭歯の化石が西日本を中心に発見されていることから、「遺存種」であるとの見方が強い。 寺院内の池に古くから生息する奈良県では天然記念物に指定されている。本種はワタカ属に属し、日本では唯一のクルター類。 クルター類とは、現在も中国大陸で繁栄しているコイ科グループのひとつで、過去には国内にも複数の魚種が生息していたそうだ。 およそ40万年前の古琵琶湖(堅田湖)にはその仲間や直接の祖先が生息していたそうだが、本種を除いて祖先種、近縁種とも絶滅した。 背の盛り上がっている姿と草を主食とすることから、「ウマウオ(馬魚)」の別名をもつ。
【コメント】 本種は特徴ある風貌をもち日本淡水魚の中で独自の個性を放つ存在だ。 近縁種は中国に多いため、言われてみれば中国大陸に生息する淡水魚の雰囲気が感じられる。 日本でのクルター類、唯一の生き残りと聞くと、現在まで育んできた琵琶湖(淀川水系)はやはり懐が深く、改めて「えらい」と思ってしまう。 現在、数を大きく減らしているその原因は何だろうか。 過去には、田植え後の水田に遡上してきて植えたばかりのイネの苗を食害していた本種であるが、 現在、南湖で増えすぎて問題になっている外来水草の除去や、水草繁茂抑制を狙って稚魚の放流が続けられている。 人がどこかの歯車を狂わせた結果の事態である。

梅雨に入った頃に捕った若魚。 琵琶湖湖岸近くの水田につながる用水路で捕れた。全長は11cm程度。体は銀白色でその風貌は独特のものがある。

last modified:2015/5/8
created:2014/6/18

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system