ヤリタナゴ Tanakia lanceolata
コイ科タナゴ亜科アブラボテ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > ヤリタナゴ

ヤリタナゴ

【生息場所】 河川の中下流域、支流、用水路などに生息している。流水を好むようだ。 生息地、個体数ともにまだ多く確認できるところはあるが、他のタナゴ同様に生息域は減少していると感じる。
【外観・生活】 全長は大きい個体で12cm程度。タナゴの仲間ではカネヒラの次に大きくなる。 他のタナゴ類と比べて、長い口ひげがあること、背びれ基長が短くて条間膜には紡錘形の濃色斑紋が1個ずつあること、 体に目立った筋状の模様や点模様がないことが特徴。 通常は一様に銀白色をしているが、春の産卵期になると雄は背びれ前縁、尻びれの先端の朱色が濃くなり、 吻の先に白い追い星が現れ、緑青色と薄い赤紫色を基調とした婚姻色をまとう。腹部は黒くなる。 その頃になると川岸からでも濃い朱色のひれをなびかせた雄が用水路の中をウロウロする姿を見ることができ、のどかな春を感じる瞬間だ。 春にマツカサガイなどの二枚貝に産卵する。1年で2~4cm、2年で6~8cmになり多くは1年で成熟するそうだ。 雑食性で、付着藻類や底生動物を食べている。
【捕る】 用水路での釣りやタモ網で捕る。流れのある川の障害物や水草の周辺や、岸辺近くの下草の陰などにいる。 桜の咲く頃からゴールデンウィーク過ぎにかけての春のタナゴ釣りが趣があって良い。
【飼う】 飼育は容易で、タナゴ類の仲間では丈夫で痩せにくく病気も少なく長生きする。長いと5年ほど生きたことがある。 産卵期に他の魚を追いかけることはタナゴ類に共通するが、性格は比較的大人しく、他種との混泳も十分可能だ。 10cmを越えてかなり大きくなる。
【その他情報】 本種はタナゴ類の中でもっと分布域が広くほぼ日本全国にいる。 地域によって婚姻色に差があるという。個体間で微妙に差があるが、京都、大阪、兵庫に生息している個体群は基本的に大きく変わらないように思う。 同時期・同場所であっても成長段階や個体による差はある。
【コメント】 春の用水路と言えば本種である。先端を朱色に染めたひれをチラチラさせながら素早く泳いでいる本種を思い浮かべるだけで、 桜の花びらが川面を流れる春の景色が頭をよぎる。 近年、本種がたくさん確認できた地域で圃場整備が大規模に進み、かなりの水路が直線化され、三面コンクリートで固められてしまった。 圃場整備された場所では、本種はもちろん他の魚がアッという間に見られなくなってしまっている。 水路に土が溜まり草が生え出すとまた戻ってくるかも知れないが、果たしてその水路はそうなってくれるだろうかと心配している。 幸いにも近くには比較的大きな農業水路がつながっていて、そこではまだたくさんの本種に出会うことができる。 その農業水路も何年かに一度、川岸の整備と川の底ざらえが行われる。 その直後は生き物がいない、まるで砂漠のようになってしまうのだが、半年も経てば草も生え流れにも変化ができ、すっかり元通りの元気な川になる。 手はかかるが土による護岸、土(礫や砂)による川底がいかに生物にとって住みやすい環境を生むのか良くわかる。 今年もきっと、春の桜の用水路で元気に泳ぐ姿を見せてくれることだと思う。

繁殖期である春に捕った雄。 トップ写真と同個体。婚姻色もピークになると背びれや尻びれの赤みは絵の具でべた塗りしたように朱色に染まる。

春に釣った雄。全長8.5cmくらい。 薄紫色に輝く体色がきれいだった。

春の雄。 卵をもつ雌とともに鮮やかな体色をした個体がたくさん捕れた。なんとも美しい・・・。

春の雄。 婚姻色は今一歩だがえらぶた周辺の赤紫や体の青緑が鮮やかできれいだ。

春、タモ網に入った雄。 光の加減や見る角度により色合いが異なり、写真では色がうまく出ていないが、実際はもっと紫色が濃かった。 この個体はでかくて、測定すると13cm近くあった。大きくよく肥えていたことから、捕れたときはフナかと思った。

春に釣った雄。 水面から上がってきたとたん思わず「なんやこれ・・・」と口に出るほど、かなりどぎつく黒かった。この写真よりもっともっと黒かった。

やや小型の雄。 婚姻色はまだこれからといったところかだが、色鮮やかな本種が水面から上がる度にその体色に目が奪われる。

胸の朱色が目立つ個体。 全長は8cmを超える程度。ここで捕まえたいずれの雄も目を瞠る美しい婚姻色を出していたが、同所・同時であっても婚姻色は個体によって微妙に異なる。

春にタモで捕まえた全長約6cmの個体。 光の加減で薄紫色に見える。

春の農業用水路で捕まえた全長9cm程度の雄。 朱色の婚姻色に金属光沢に輝くボディだ。

タモ網に入った小型の雄。

昼間でも暗い陰になる石組の近くなどだと、この写真のように体色が黒い個体がたまに釣れる。 この個体の尾びれを見ると、中央部先端が三日月状に朱色に染まっている。尾びれ下の端も少し朱色っぽい。 個体によってはこんなところも染まるんだね。全長8cm程度の雄だ。

上と同じところで釣れた体高のある立派な雄。吻端には白いブツブツの追星。

春の雌。 お腹が大きく白黄色い産卵管が伸びている。本種の特徴のひとつである背びれ条間膜にある紡錘形の濃色斑紋がはっきり出ている。

春に釣り上げた個体。 光の加減では、こんな美しいスカイブルーの体色に見える。

春の農業用水路をタモ網でひとすくい。 小型の個体がまとめて入った。

体長約5cmほどの若魚の雄であるが、 取り上げた時の網の黒色と目が覚めるような鮮やかな婚姻色とのコントラストが美しかった。

盛夏に捕った雄。 通常、尻びれの端はわずかに黒で縁取られる程度であるが、この個体は比較的太く縁取られている。口ひげも長いように感じる。これも個体差のようだ。

薄黄色い産卵管が見える。 尻びれ先端が細くライン状に朱色で縁取られ、背びれ前縁もほんのり朱色を帯びている。捕ったときは雄かと思った。 こんな風にひれを染めている雌は珍しい?

秋の雄。 婚姻色はすっかり薄れて、背びれや尻びれにわずかに色が残る程度。

秋の雌。 背びれに本種の特徴である暗色斑紋模様があるくらいで、体は一様に銀色だ。

秋に捕った雄。 美しいシルバーの体は結構好きなんだけど、この時期、婚姻色がすこぶる美しいカネヒラ君と一緒に捕れると地味さが目立つ。春になると逆になるんだけどね。

秋の終わりに捕った個体。 全長は6cmを超える程度。銀色にキラキラした感じはやっぱりヤリタナゴだな。

冬に捕った雄。 流れのある用水路の深みにオイカワ達と群れていた。尻びれ、背びれはうすく赤く、繁殖期はもうちょっと先だ。

冬に捕った全長10cm程度の雄。 オイカワやニゴイ達とともに、用水路のマスに集まっていた。冬はあっさりとタモ網ですくえる。

冬の別個体。 全長は8cm程度でかなり褐色が強かった個体。冷たい水の中で春の訪れを待っている。

冬に捕った小ぶりの雌。 背びれや尻びれに雄のような朱色はない。周囲の環境によっては、この写真のように体が黒っぽい場合もある。 光の加減かも知れないが、この個体はツートンカラーだ。

冬の終わりに捕った全長6.5cmの雄。 前日の雨で川の水量が多かったせいだろう、少し流れが淀んでいるところにいた。もうすぐ春、少しずつ色づき始める。

早春に捕った個体。 ひれが色づき始めている。えらぶた後ろに斑模様があることがわかる。

いわゆる「銀鱗」と呼ばれる個体。 そこで捕れた全ての個体が多かれ少なかれこのように乱反射する鱗をもっている。 鱗は黒点病と呼ばれる高橋吸虫のメタセルカリアによって組織が破壊されたことが原因とされ、系統的なものではない。

晩秋に捕った「銀鱗」の雌。

夏に捕った個体。 全長は4cmに満たない程度。タナゴ類の体形をしていて特に目立った色や模様がない、この特徴のなさが幼魚時代の特徴。

初秋に捕った4cm程度の個体。 一様に銀白色!これはこれで妙に美しい。背びれの分岐軟条数(8本)や形状などからも本種とわかる。

真冬に捕った個体。 引き続きカネヒラやタビラとの区別が難しい時期。背びれの分岐軟条数以外に、口の形状、口ひげの長さ、肩部の暗色斑が無いことなどから本種と同定できる。

冬に捕った個体。全長は4.5cm程度。 体はどこかパンパンではちきれそうに見えるが、銀色に輝くきれいな鱗模様だ。

体は平べったく、上から見ると細長い。

秋に釣った雄を正面から。 口ひげは欠損している場合がある。この個体は口ひげの左右の長さが異なっていた。

春の河川で釣った個体。 バッカンに入れている間に随分退色してしまったが、雄のギラギラした感じがわかる。

稲刈りを終えた晩秋の用水路で。 体色は一様に褐色で地味。いるところにはまだたくさんいる。

last modified:2017/6/3
created:2012/1/7

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system