ゼゼラ Biwia zezera
コイ科カマツカ亜科ゼゼラ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > ゼゼラ

ゼゼラ

【生息場所】 河川や琵琶湖に生息している。琵琶湖の個体は繁殖期にはその流入河川や用水路にも入り込んでくる。淀川には近縁種のヨドゼゼラが生息している。
【外観・生活】 日本固有種で全長は8cm程度。背面は黄褐色で、測線にそって10個程度の暗褐色斑紋が並び、ひれには暗色の小斑点が散らばる。 モロコを底モノにしたようなスタイルで、体色は同じ底モノのカマツカなどに似ている。 吻は短くて口は大変小さく、カマツカやモロコ類にあるような口ひげはもたない。また、カマツカのように砂に潜ることもない。 春から夏の繁殖期には雄が黒銀メタリックの婚姻色に染まって、とても格好良くなる。 ヨシなどの水草の根の間に透明で粘液に包まれた卵を産み、その後雄が卵を保護するそうだ。 口は下向きで、突くようにして泥の表面にある藻類や底の有機堆積物(デトリタス)などを食べている。 多くが一年で成熟し、産卵後一生を終える年魚である。
【捕る】 琵琶湖に生息する個体は繁殖期に流入河川に遡上してくる、その時期に捕ることができる。 釣りではまず捕れることはないと思うが、タナゴ釣りの小さな針を使えば釣れるかも?
【飼う】 飼育はとても難しい。口が大変小さく、成魚でやっとアカムシが口に入るくらい。 でもアカムシは細長いのがだめなのか、口に入れてもモゴモゴモゴモゴして結局出してしまうことも多い。 そもそもうまくエサを見つけることができないようで、近くにエサがあっても周囲を口で突き回すだけで、採餌に関してはとてもどんくさい。 そして次第に痩せていき半年ももたずに死なせてしまう。 普段は砂泥底のデトリタスを食べているため、いつもエサがあるような適度に「きれいでない」環境なら長く飼育できるのかも知れない。 飼育環境では長生きするともあるのだが、ヨドゼゼラ以上に難しい。
【その他情報】 ゼゼラという名は、滋賀県・膳所(ぜぜ)で見つけられたからとか、砂底を突っつき「せせる」動作からゼゼラに転じたとか言われている。 淀川水系には2010年に新種記載された近縁種ヨドゼゼラが生息している。 本種はヨドゼゼラと比較すると、全体的にスラッとしていて、体高や尾柄高が低く、背びれ・尾びれの暗色小斑点の分布帯が狭く、 尾びれの切れ込みが深い。繁殖期の雄であれば背びれが伸張しても後端は直線状、胸びれ前縁の追星はより小さく数が多い(15個以上)などの特徴がある。 さらに縦列側線鱗数などにも違いがある。ちなみに本種の側線鱗数は36~38枚であり、ヨドゼゼラの34~35枚より多い。
本種は琵琶湖淀川水系、濃尾平野、山陽地方、九州北部に不連続に分布し、各地方集団は遺伝的な分化がみられるそうだ。 しかし、琵琶湖産アユの種苗放流により琵琶湖産個体が全国に拡散し、遺伝的汚染が問題になっている。非生息地での定着も問題だ。
【コメント】 底モノ三兄弟の末弟だ。決して美しいとは言えないが、モロコを底モノにしたような姿、とても日本らしい魚であると思うのは私だけだろうか。 本種の採取で覚えているのは、雨で水量が少し増えていた初夏の琵琶湖流入河川河口部で出会った雄だった。 繁殖期のために琵琶湖から遡上してきた個体だと思うのだが、その時の婚姻色はすごかった。 あの黒銀メタリックな体色は今も目に焼き付いていて、デジカメをもってきていなかったことをとても後悔した。 タナゴもそうなのだが、色濃く美しい婚姻色は捕れたてピチピチでないと見ることができず、 そのときの雄達も採取が終わってバケツの中を覗くと全て薄褐色に変わっていた。 何度か持ち帰り飼育したことがある。本種はスタイルや仕草が大変かわいらしく、水槽を眺めていても全く飽きない。 水槽でひれを立ててちょこんと佇む姿が特に愛らしく、おちょぼ口で、よく目をクリッとさせる。 エサが近くにあるのにその辺を突き回しているところがいじらしく(わざとか?と思うほど)、まるで小さい子供が不器用にする姿を見ているようだ。 なんかこう、本種は人が魅了されるポイントを心得ているよね。

春の終わりに琵琶湖流入水路河口部で捕まえた雄。 産卵のために水路に入り込んだようだ。全長約7.5cm。雄雌ペアでタモ網に入ったので恋の邪魔をしてしまったかもしれない。

繁殖期、雄は婚姻色に染まる。 この黒銀色がかっこいい!体はスーッと細長い。 背びれ・尾びれの暗色小斑点の分布帯はより狭いとされるが、個体差があるようだ。全長は8cmに満たないくらい。

初夏に捕った全長約7.5cmの雄。 かなりの流れのあるところのツルヨシの根元でタモ網で入った。泳ぎは案外達者かも。

梅雨の晴れ間に捕まえた雄。 全長は6.5cmくらい。砂底、砂泥底で集中的に捕まえることができた。雌が多かったのは何故だろう。

初夏に琵琶湖流入河川で捕った雄。 全長8cm程度。明るいばけつに入れていると、体色がずいぶん薄れてしまった。

上と同時に捕えた個体。全長約7cm程度だった。

全長6cm程度の雌。 卵をもっているようでお腹がパンパンだ。この個体はひれに暗色小斑点がほとんど見られない。

これも雌。 お腹が膨れ尾柄が細くてメリハリのある体形だ。よく似たヨドゼゼラもスリムな個体が見られるが、尾柄のこの細い感じは本種ならでは。

雌は繁殖期でも婚姻色を帯びない。

初夏に捕まえた全長約5cmの個体。 この個体だけ妙に小さかった。

ヨドゼゼラと比べるとスラッとしていて、 ひれが相対的に小さく、体はかなりスマートだ。ひれの暗色小斑点も少なく、尾びれの切れ込みもやや大きい。体側の暗色斑がよくわかる。

何かこう、なよっとしているところが日本的・・・。

ひれを広げるとこんな感じ。

繁殖期の雄。 ひれがやや黒く色付き、体は黒銀色に染まる。この色の変わり様はすごい。

水槽に入れた繁殖期の雄。 周囲が明るいので体の婚姻色は消えてしまったが、逆にひれの色が目立つ。各ひれの端はパール色で、ひれ全体が薄ゴールドに輝く。 水槽ではいつもひれを立ててちょこんと静止している。

顔を正面から。 口がどこにあるのかわからないくらい小さい。

繁殖期の雄の前身部分。 胸びれ前縁には小さくギザギザした追星があることがわかるだろうか。ツチフキのそれと比べると随分細かく、ヨドゼゼラと比べても細かい。

真上から見た様子。砂底に紛れ込む体色をしている。 胸びれや腹びれは光の加減でゴールドパールに輝いてきれいだ。

繁殖期の雄を上から。

裏返してみた。

前から見てみた。

別の雄を正面から。吻が丸い。

面白い写真が捕れた。口は円い。

last modified:2016/6/16
created:2012/6/28

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system