ズナガニゴイ Hemibarbus longirostris
コイ科カマツカ亜科ニゴイ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > ズナガニゴイ

ズナガニゴイ

【生息場所】 河川の中流域の砂礫底や砂底に生息している。
【外観・生活】 全長は20cm程度。ニゴイに似るが長い吻が特徴だ。体側に金色の縦筋があり、8本前後の黒点列を備え、背びれと尾びれには細かい黒点が広がっている。 本種は雌の尻びれが長く伸張し、初夏の産卵時には雌がその大きい尻びれで砂をかき混ぜながら卵をばらまくそうだ。 雄の尻びれが伸長するオイカワやカワムツなどと対照的なのが面白い。普段は流れが緩やかな場所の低層に小さな群れをつくって泳いでいる。 水面に浮かんできたり、驚くと砂に潜ったりするらしいが私は見たことがない。水生昆虫などの動物食に偏った雑食性だ。
【捕る】 釣りあるいはタモ網で捕る。一般に見えた個体をタモ網に追い込むことは簡単ではないが、経験上、本種は意外と簡単な部類かも。 群れて泳いでいる割には一度にあまりたくさん捕れたことはない。
【飼う】 性格は大人しく混泳も可能。丈夫で飼育は極めて容易である。 長期間飼育していると、自然の個体より吻が短くなってきて、もともとの顔のスマートな感じが損なわれてくる。 私の飼育の仕方が悪いのかも知れないが、飼育下での成長スピードは遅いように思う。
【その他情報】 ニゴイの仲間であるが、本種はニゴイよりもより原始的な種であるらしい。ニゴイに比べ、体に対する頭の長さが長いことから「ズナガ」の名がある。 何とも安易なネーミングだが、名は体を表している。 中国地方から近畿地方に広く分布するが、どこにでも生息している訳ではなく、生息河川は離散的に限られているそうで、 淡水魚の研究家からするとなかなか興味深い種なんだそうだ。
【コメント】 比較的水がきれいなところで5~10匹程度の群れでゆったり泳いでいる姿を見かける。 これといって特に美しい姿をしている訳ではないが、なぜか魅了される魚のひとつだ。 子供の頃から淡水魚の図鑑をよく眺めていたが、その頃から気になる魚のひとつだった。 大人になって行動範囲が拡がると、淀川水系のいろんなところに出かけるようになり、気になっていた魚に偶然出会うことも増えていった。 しかし本種については偶然出会うのを待つのではなく、狙ってわざわざ捕りに出かけた。それも冬だったので、よほど出会いたかった魚だということだ。 狙いはズバリ的中で、その時はたった1匹だけだったがタモ網で捕ることができた。 薄褐色の体に体側を走る細い金色の縦帯がとても印象的で、とても嬉しかったことを覚えている。 ところで、本種は原始的な種類だそうで、吻が長いことや黒い斑点が全身に散らばるなど独特の雰囲気をもっている。 原始的と言われるとそんな風に見えるから不思議。とかくこの魚、よくわからないんだけど捕れると嬉しいんだよね。何故か自分でもよくわからないけど。

春に捕まえた全長約10cmの個体。 砂地にいたせいか体色はシルバーが強め。名の通りニゴイに似ているが、より原始的と言われると確かにそう見えるから不思議。

全長9cm程度の個体。 スラッとした体のラインがかっこいい。本種の雌は尻びれが伸張することが特徴だ。

長い吻をしている。 体側および背びれと尾びれには黒点が散らばる。

ひれを全開した成魚。美しい。 群れて泳いでいるところを見るんだけど、一度にあまりたくさん捕ることがない。

サラサラ流れる水草の脇に隠れいていた。 体側には金色の縦帯があり、自宅の水槽ではそれがよく目立つ。

秋に捕った全長6cmほどの若い個体。 たまたまだと思うが、ドジョウを捕る要領で砂の表層をサーッとすくったらタモ網に入った。

秋の個体。 全長は約10.5cm程度だった。光の加減で体はやや緑っぽくも見える。川底に広がる水草に身を寄せていたようだ。

秋に捕まえた個体。 水が淀んでいる比較的大きな淵の岸近くで、この個体が見えたのでタモ網に追い込んで捕まえた。 普通、見えた個体は簡単にタモ網に入らないことが多いが、案外簡単だったので驚き。

体を弓なりに曲げてポーズ。 体側には黒点が列状に並び、背びれや尾びれも黒点がある。吻は尖っていて、原始的なイルカを連想してしまった。 なんかこの個体、眼がかわいかったんだよね。

上と同じ場所で捕まえた個体。 どうやら同じようなサイズの個体が複数匹固まっていたようで、場所をずらすと一匹ずつタモ網に入った。 全長は15cmくらい、尻びれが長いので雌だ。

冬の川の水底でじーっとしていたので、 見ながらタモ網に追い込んだら簡単に捕れた。本種は見捕りがやりやすいかも。全長は10cm程度だった。

冬の終わりに捕った個体。 増水した川の岸近くの草が生えて浅いところに潜んでいた。 全長は10cm程度。

本種はいつもポツポツ捕れる程度。 川岸のえぐられたとろこでカワムツたちと一緒に捕ることができた。全長7cmくらいの個体。

冬に捕った全長5cmに満たない個体。 これくらいのサイズはとても可愛い。

秋に捕った全長3.5cmの個体。

本種の雌雄は尻びれでわかる。 写真は尻びれが長く伸長しているので「雌」だ。産卵時にかき混ぜながら卵をばらまくのに役立つ。

全長15cm程度の個体を真上から。

黒点が背面全体に散らばる。 印象はカマツカとモロコを足して2で割ったような感じかな。

水中にいる小さな個体。 成魚は小さな群れで泳いでいる。体色や黒点による迷彩模様は毎度お馴染みだ。

頭部を拡大。 光の加減でシルバーメタリックに輝き、黒くて大きな眼が目立つ。口先に向かってスーッと尖がる形状だ。

ユニークな形の頭部が強調される。 口には一対のひげがある。腹面は一様に白く、点列もない。

別個体を真正面から。 ムーミンのようだ。

15cm程度の個体を並べて入れてみた。 かわいいなあ。狭い場所に入れてごめんね。

last modified:2016/11/19
created:2012/1/7

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system