アベハゼ Mugilogobius abei
ハゼ科ハゼ亜科アベハゼ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > アベハゼ

アベハゼ

【生息場所】 河口の汽水域に生息している。有機物が堆積した臭気を放つような泥底でも生息できる。
【外観・生活】 全長は5cm程度。体は薄茶色でこげ茶色の模様がある。頭部は丸く目が離れていて、まるで歌舞伎の隈取のような模様に見える。 体の前半は数条の横帯、後半は2本の縦条で、体の前半と後半で模様が異なっている点で面白い。 尾びれは丸く、縦条の後端から尾びれ上部に4本の黒色線が放射状に並んでいるのも特徴的だ。 雄の第一背びれの鰭条は糸状に伸び出し、ひれは黄色や朱色に染まりきれいな姿をしている。なかなかオシャレな魚だ。 繁殖期は春から夏。自然環境下では寿命は1年の年魚なんだそうだ。有機堆積物を食べている。
【捕る】 汽水域の泥底上にある転石や流木、ゴミ、筒の中などに隠れているので、タモ網を構え足で追い込んで捕る。 潮が引いて干上がっているような場所にある転石や流木の下でも捕ることができる。汽水の泥底を地引網のようにタモ網を引きずって捕ることもできる。
【その他情報】 本種は他魚が生息できないような汚染された場所でも生息することができる。 その理由は、ほとんどの真骨魚類が窒素老廃物をアンモニアの形で排泄する中で、本種はアンモニアを尿素に変える極めて特異な技をもつからだ。 水質が悪く水中のアンモニア濃度が高くなると、オルニチン・ウレア回路という尿素回路が活発に働き、アンモニアから尿素が作られるそうだ。
【コメント】 汽水域に馴染みのない私が、干潟を訪れはじめて捕った魚のひとつ。 その時は早春であまり魚も多くなく、またズブズブ沈む泥底に苦労して嫌になりながらだったが、 そんな状況でも廃パイプの中や細い棒切れが重なっているようなところでそれなりの数を捕ることができた。 本種はそんなズブズブと足が沈むような嫌気性の泥があるようなことろを好み、 上述の尿素回路を発達させることで、他魚が住めないニッチ領域を生活の場とする戦略をとった魚である。 ヘドロがあるようなところを好む魚であるが、このようなシックで美しい体色をもつことに意外性を感じる。

春に捕った雄。 第一背びれ上部は黄色に、第二背びれや尻びれ、尾びれも茶色や朱色の模様が入り落ち着いた色合いながらも美しい。トップ写真と同個体。

初夏の干潟で捕った個体。全長は4cm程度。 一畳ほどの浅い水たまりにたくさん群れていた。頭部が丸くて独特の顔をしている。

全長4cm程度の雌と思われる個体。 尾びれの黒色線が目立つ。体色はかなり濃い。

全長3cm程度の個体。 この個体は体色のベース色が褐色グレーで模様が良く目立った。

冬のはじめに捕った全長2cmほどの小さな個体。 干潟の泥をすくって捕ることができた。

早春の個体。 感潮域たまりにあるボサで捕れた。本種=泥底というイメージがあるが、そうとは限らないようだ。

早春に干潟に近い泥底で捕った個体。 全長2~3cm程度の個体がたくさん捕れた。

真上から見るとこんな感じ。 他のハゼ類と比べると目が離れていることがわかる。

体の後方部。 こげ茶色の模様が体側にあり、体の前半は横帯、後半が縦条になっている点で面白い。 背びれや尾びれ上部にある白色線、尻びれの縁を細く彩るの青白色が大変美しくとても印象的だ。

正面から。独特の面白顔をしている。 えらぶた下部前方には黄色の斑点がある。

last modified:2016/3/7
created:2013/3/30

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺Since 2010
inserted by FC2 system