ミミズハゼ種群 Luciogobius sp.
ハゼ科ミミズハゼ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > ミミズハゼ種群

ミミズハゼ

【生息場所】 河川の河口や汽水域の転石や礫の下に隠れている。同じ河川内でも塩濃度の高いところから純淡水になるところまで幅広く生息している。 浅くて流れのあるところを好み、干潮時には早瀬や平瀬になるようなところを好むように思う。
【外観・生活】 全長8cm程度。体は細長く、体色は灰色、薄褐色から黒っぽい色まで周囲の環境による。 頭部は縦扁していて上から潰したようなので「あたまひしゃげ」とも呼ぶところもある。 眼は普通に発達し、頭部には二つの肉コブがある。産卵期になると雄の肉コブは盛り上がり左右に張り出すそうだ。 ハゼの仲間は背びれが2枚あるが本種はいわゆる第一背びれがない。 体には鱗がなくて粘液でヌルヌルしていて、捕まえるとドジョウやウナギのようにニョロニョロと隙間を探して動く。 水中では見た目によらず動きはかなり素早く、すぐに石の下に隠れこむ。 夜行性で、夜になると隠れていた石の下から出てきて、主にゴカイやヨコエビなどの小型の底生動物を食べるそうだ。 産卵期は冬から春で、底が平らな石の下に雄がくぼみをつくって産卵室をつくる。 雌は石の天井面に卵を産み付け、雄が卵が孵化するまで守るが、これはハゼの仲間によくあるパターンだ。 孵化した稚魚は海に下り浮遊生活をした後、1.5cmほどの稚魚になって河口や海岸に戻って底生生活に入るらしい。1年で3cm、2年で5cmになる。
【捕る】 昼間は転石や礫の間などに隠れている。タモ網を下流側に構え、石の隙間に足を入れたり、石をめくったりしながら追い込んで捕ることができる。 見た目によらず結構すばしっこいが、すぐに近くの石の下に潜り込むので、それを見てまた狙えばよい。 遊んでいた子供達は糸の先に結んだスルメを垂らして石底近くに置き、石の下から出てきた個体を捕っていた。案外簡単に見付けることができるようだ。
【その他情報】 ミミズハゼ種群には、ミミズハゼ、ミナミヒメミミズハゼ、イソミミズハゼといった外見がよく似た種類が含まれていて、 胸びれや背びれの軟条数などに違いがあるようだ。それらの種分化については現在も研究が進められており、将来的には20種類を超えるとも言われている。 中には地下水に棲むイドミミズハゼやドウクツミミズハゼという、とんがった種類もいる。 前者は眼は退化しており小さく淡桃色で、地下水を海や川をつなく回廊のように利用しているという。 後者は日本から知られている唯一の洞窟性水生脊椎動物で、五島列島の洞窟内の地下水が溜まっているところに生息しているそうだ。
【コメント】 これまたユニークな魚である。ミミズに見えなくもないが、上中流域に住むナマズの仲間であるアカザにも似ている点がある。 体は細長く表面がヌルヌルしていてニョロニョロ動くこと、頭は平たく縦扁し2つの肉コブがあって繁殖期には盛り上がることだ。 肉食の夜行性で石の下や隙間に隠れて生活するという共通の特性が、生息域や種が大きく異なる両者をそのような形態にさせたのだろうか。 ところで、上でも記したがミミズハゼ種群にはよく似た幾つかの種類が含まれていて、その違いが私にはよくわからない。 本ページのタイトルを「ミミズハゼ種群」としいるのは、このページで紹介している個体の中にはミミズハゼの仲間なんだけど、 ミミズハゼ(Luciogobius guttatus)ではない種類が含まれているかも知れないからだ。 胸びれや背びれなどを頼りにどの種類か同定されるのだが、捕った個体の写真を自宅で見直して、結局「う~、よくわからん」となる。 多くの方はそんな些細な違いはどうでもいいんだろうなあとも思うので、それ以上のことはしないんだけど・・・。 出会うことはないと思うけど、地下生活を送るイドミミズハゼとかドウクツミミズハゼに至ってはニッチ過ぎて想像を超える。 ミミズハゼ、深すぎる、そして悩ましすぎる・・・。

秋に捕った全長7.5cm程度の個体。 干潮時に転石をゴロリとして捕った。潮が引いたときに淡水がさらさら流れるようなところにたくさんいる。

体はヌルヌルしていて細長く、 第一背びれがないことが特徴だ。全長は7cm。明るいバケツに入れて完全に色が抜けている・・・。

干潮時に捕った個体。 好適な環境では生息数は多い。

春の個体。 汽水域であるが捕ったときは潮が引いていて淡水が流れていた。この個体、お腹が大きいかも。

春に捕まえた 全長7.5cm程度の個体。近所の子供たちが遊びに来ていて石をひっくり返して捕まえていた。良き遊び相手なのだろう。

上の個体と同じとき、 同じ河川で捕まえたが、この個体はより塩濃度の高いところにいた。捕まえたとき体色は黒く、体形もずんぐり。少し違うような・・・。

全長4.5cm程度の小さい個体。

全長3.5cmの小さな個体。 捕ったときはもっともっと焦げ茶色だった。

春に捕まえた全長7cm弱の個体。 湧き水が豊富な河川の汽水域で捕った。捕まえたときは潮が引いて周囲からごく薄い潮水が大量に流れ込んでいた。

上の個体。 頭部が縦扁しているので、礫の隙間に潜り込むのに適している。 この個体はうつぼみたいな柄をしている。やんちゃそうな顔をしていて面白れ~。

その個体を正面から。 胸びれの条数はわからないけど、遊離軟条は短めかな。背びれ条数は11だし、もしかしたらミナミヒメミミズハゼ?

ミミズのように見えるだろうか。 とってもかわいい。

真上から。頭は平たく、 目は小さい。

周囲の環境にもよるが、 捕ったばかりはこんな感じだ。ひれも見えないし、質感はナメクジみたい。

「阿」。

「吽」。

このこはどのミミズハゼ?

胸びれを広げてくれたので、 焦点を合わせてみた。胸びれの一番上の軟条はやや長く遊離していることがわかる。条数は15-16本くらいかな。ちなみに背びれは11軟条だ。 トップ写真を除く上から4枚目の個体。

少し感じが違う個体。 初秋に河口近くで捕った。全長3cmくらい。そこで捕った個体はいずれも体色がかなり濃く、明るいバケツに入れておいても退色しなかった。

夏、河口近くで捕った個体のひとつ。 転石やカキ殻の間などを探ると、複数匹がタモ網に入った。 体色は焦げ茶色から黒色という感じ。

二つ上の個体を正面から。 小さいせいかゴツゴツしている。この写真からはわからないが、胸びれの一番上の軟条は比較的長く遊離している。

汽水域の転石の下で捕まえた個体。 体はこげ茶色で尾びれの先端部が透明。イソミミズハゼってやつかな。マハゼ、シモフリシマハゼ、アシシロハゼなんかも同所で捕まえた。

タモ網を下に構え、 カキ殻の塊を揺するとイダテンギンポと一緒に出てきた。全長4.5cmくらい。

春に捕まえた個体。かくっと張り出したお腹には卵があるのかも。 尾びれは丸い円形だ。

上の個体の頭部をアップ。 胸びれの一番上の軟条は比較的長く遊離している。顔つきは・・・ダースベーダー感。

春、転石がゴロゴロする河川下流部で捕まえた。 小さく黒く細長くぬるっとしていて、初めて捕まえた人は魚と思わないかもしれない。

干潟の泥底で捕った個体。 サンドパック下のえぐれた部分を足で追い込んで何匹も捕れた。体色はかなり黒く、全長は4cmくらい。尾びれの周辺部は透明だ。 これもイソミミズハゼというやつかな。

上の個体を正面から。 胸びれに遊離軟条が見える。

上と同じ個体。 腹びれはハゼらしく吸盤状になっている。小さいけど。

上と同時同所で捕った個体を真上から。

last modified:2017/4/27
created:2014/10/1

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system