アブラハヤ Phoxinus lagowskii steindachneri
コイ科ウグイ亜科ヒメハヤ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > アブラハヤ

アブラハヤ

【生息場所】 川の上流部の水の冷たいところに多くすんでいる。湧き水が流れ込む水路などにもいる。 流れが遅くなったところや、草があり泥や枯れ葉の溜まったようなところに多い。
【外観・生活】 体長は15cm程度。体色は黄褐色ないし緑褐色で腹面は銀白色だ。体側中央には暗色の縦帯があるが、不明瞭な個体もいる。 体側にはさらに不規則な黒斑点があるが、体側中央の縦帯付近に集中する傾向にある。 ウロコはかなり細かく、つかむとヌルッとしている。だから「アブラ」と名が付いたのだろう。 雌は雄より大きくなり、成熟すると吻がへら状に伸び、独特のピノキオ顔になる。春の繁殖期であっても婚姻色らしいものは特に現れないようだ。 よく似た魚に「タカハヤ」があるが、本種は尾柄がより細く(尾柄高÷頭長=48%以下、 尾柄長÷尾柄高=2以上)、鱗がより細かく(側線の横列鱗数=20以上)、体側の縦帯がより明瞭な傾向にあり、 尾びれ基底中央に暗色斑があり、尾びれ後縁の切れ込みがやや深いなどとされるが、実際は変異が多く見慣れていないと区別はそう簡単ではない。 雑食性で、底生動物や付着藻類、落下した昆虫など何でもよく食べる。
【捕る】 泥の溜まったような川の淵に多く、タモ網で草を蹴って捕る。ミミズや水生昆虫をエサとした釣りでも釣れる。
【その他情報】 警戒心が弱く食欲が旺盛で、ヤマメなどの渓流釣りの外道として嫌われる。食べても不味いそうで、釣られても捨てられることが多い、かわいそうな種だ。
【コメント】 私にとって悩ましい種のひとつが本種だ。勘が働かず、よく似たタカハヤとの区別がわからない。 理由はおそらく簡単で、手に取った経験が少ないからだ。大阪府内で出会ったことはなく、府内には生息していないのではないだろうか。 紛らわしい個体がいることは間違いないようで、感覚的に言うとタカハヤの中に「もしかしてアブラハヤ?」と思ってしまう個体がいる。 アブラハヤが獲れたときは「アブラハヤだ」と悩まずに思うことが多いので、私個人の場合は、悩ましい個体はほぼタカハヤということかな。 ちなみにトップ写真は本種もタカハヤも生息している河川で捕まえた個体。これはアブラハヤでしょう!・・・と思います。

春に捕った全長7cmほどの若魚。 体側には金色の細線が走る。手に取ると油のようにヌルヌルだ。

夏に捕った全長は3cmほどの幼魚。 流れが淀むボサの中でタモ網に入った。

全長が3cmに満たない幼魚。 たぶんアブラハヤで良いと思います・・・。

背の中央には、 頭部後方から尾びれ基部にかけて黒色線が走る。この黒色線は背びれ基底前方で一旦途切れることが特徴で、タカハヤは途切れないと聞いた。 多くの個体で確認できていないが、どうだろうか。

正面から。 よく似たタカハヤほど平べったくない感じ。

last modified:2015/7/15
created:2013/1/29

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system