アジメドジョウ Niwaella delicata
ドジョウ科シマドジョウ亜科アジメドジョウ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > アジメドジョウ

アジメドジョウ

【生息場所】 水がきれいな河川上中流域で川底が砂礫または大きめの石がたくさん転がっているような瀬に生息する。 川の構造、底質、水温、湧き水の多さなど生息に適する環境が限定される。
【外観・生活】 全長10cm程度になる日本固有種。ユニークな姿格好をしたドジョウである。 体は細長くウネウネした模様に覆われていて、その模様は頭部にいくほど細かい。背びれ、腹びれ、尻びれは小さくて体の後方にやや偏っている。 雌の方が大きいが、ドジョウやシマドジョウ類とは異なり、胸びれの形は雌雄でほとんど差がなく、 また雄の胸びれには骨質盤がないので外見で雌雄を分けることは難しい。 口ひげは6本あり、口の形は半月状で唇が厚く吸盤状。その口で石に吸い付きながら伝い泳ぎをすることができる。 11月頃になると伏流水があるところに集まり、川底の礫間に潜って越冬するそうだ。川底から深さ1mも潜入することがあるようで驚きだ。 主として石に付着する珪藻類を食べる雑食性。
【捕る】 瀬にあるゴロゴロした石の下流側にタモ網を構え、石をゴロリとひっくり返す。いるところにはたくさんいるので場所さえ見付ければ採補は簡単。 水がきれいなところに住むので、川面をしばらく見つめていると、 石の隙間に隠れていたり、石の表面に上っては藻類をかじって次の場所に移動したりする姿が見られる。
【その他情報】 本種はアジメドジョウ(味女泥鰌)の名の通り、ドジョウの中では一番美味しいそうだ。 長良川では遡上中の個体を捕る「登り落ち漁」と呼ばれる独特の漁法が行われ、煮付けや吸い物で食べられる。 本種は近畿および中部地方に生息するが、大阪府は分布域の西限で、環境省レッドブックでは絶滅のおそれのある地域個体群とされている。 また体側斑紋には2型があり、地理的、遺伝的に分化しているそうだ。 河川改修などによる河川への土砂流入、伏流水の消失、ダムや堰堤建設などによる河川環境の悪化で、生息域の狭小化と個体数の減少が懸念されている。
【コメント】 写真は全て滋賀県の河川で捕った個体。大阪では生息域がほぼピンポイントで個体数も限られると思うが、滋賀県などではまだ広く分布しているようだ。 いつか出会いたいなあと思っていた魚ではあったが、偶然にもはじめて生息地を見付けたときはその数の多さに正直驚いた。 タモ網を入れるたびに数匹が捕れる。川に入り水遊びをしてるとサンダルの中にまで入ってくるほどウヨウヨいた。 川原でバーベキューをしている集団の横で、子供と一緒に妙にハイテンションになったが、我々はきっと変な親子に見えたに違いない。 たまたま見付けて入ったところであったが、好適な生息環境さえあればそんなもんなのだろう。

タモ網を構えるのがやっとなくらい 早く流れる瀬で、カワヨシノボリと一緒にたくさん捕れた。

体は細長く、 ひれは後方に偏っていて面白い体形をしている。

しばらくバケツに入れていたら体色が薄く なってしまった。こんな体色だと細長いドジョウに見えなくもない。

上と同所の個体。 ドジョウは流れのない泥底を好むが、同じドジョウの仲間でも真逆の環境に住む。

秋に捕った体長5cmに満たない個体。 同時に捕った最も小さい個体のひとつであるが、今年生まれだと思われる。

浅い早瀬に入りタモ網を構えて、 こちらの石をゴロリ、あちらの石をゴロリするとどんどん捕れる。迷ったが持って帰って食べたら良かった・・・。

オリーブグリーンをベースに斑模様がある。 同河川に生息することも多いニシシマドジョウに似ているが、本種は体がより細長く、流れのある礫底に生息しているという点も異なる。

背の斑模様が一本の筋模様になった個体。 体の模様は変異が多いらしい。

細かく複雑な独特の網目模様の頭部。 口ひげは比較的短く、目は小さい。

分厚い唇に半月型の口。 付着藻類をそぎ落とすためのヒダをもつ。これで流れの早い瀬の石に吸い付いたり、石の上の付着藻類を食べたりしている。

last modified:2015/12/31
created:2013/9/26

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system