チュウガタスジシマドジョウ Cobitis striata striata
ドジョウ科シマドジョウ亜科シマドジョウ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > チュウガタスジシマドジョウ

チュウガタスジシマドジョウ

【生息場所】 河川の中下流域、用水路に生息している。砂泥底あるいは泥砂底を好み、潜っていることも多い。 オオシマドジョウと同所に見られるところもあるが、オオシマドジョウより底質の礫や砂が細かくより下流にいる感じ。
【外観・生活】 全長は最大で10cm程度。半透明ががったクリーム色の体をしている。体側には数本のほぼ完全な縦筋が走り、尾柄付近では点列になる個体が多い。 尾びれには2~3列の弧状横帯があり、その模様はいろんなパターンがある。 尾びれ基部には上下に2つの斑紋があり、それらはつながっておらず、下の斑紋がより小さく淡い。 雄は胸びれに円形の骨質盤をもつが、それがオオシマドジョウやニシシマドジョウと区別するポイントだ。 目の下には体の後方に向けて立てることのできるトゲがある。 タモ網の網目から逃げ出そうとした個体が頭を突っ込んで網から取りにくくなることもあるし、手で掴もうとしたときにチクッとやられることもある。 産卵期は初夏で、田んぼ近くの水路にまで遡上して田んぼ横の小溝に産卵するようだ。水生動物や藻類を食べる雑食性である。
【捕る】 タモ網やサデ網で捕る。底砂泥を大きくかき混ぜるようにして構えた網に追い込むか、いそうなところでタモ網で底砂ごとすくいとる。
【飼う】 飼育は容易。 他の底モノ同様に残りエサの掃除役として水槽に投入することも多いが、そんな場合はエサが十分に行き渡らない場合が多く、ペラペラに痩せてしまう。 エサを貪欲に食べる魚との混泳をさけるか、あるいは底モノ種のみの飼育が良い。 たまに胸びれを立ててキョトンとした愛くるしい目をして静止していたり、砂の中から顔だけを出して周囲をうかがっている姿はとても愛らしい。 人に慣れることはないが、時々見せる表情は飼育していて飽きない。
【その他情報】 本種は2012年4月24日までスジシマドジョウ中型種瀬戸内型と呼ばれていた種。 これまでスジシマドジョウ種群は、スジシマドジョウ大型種、中型種(瀬戸内型含む3型)、小型種(5型)、九州型、丹後型に分けられ、 それぞれ暫定和名で呼ばれていたが、スジシマドジョウという名称は2012年4月25日に消滅した。 スジシマドジョウ中型種には「ナミスジシマドジョウ」という標準和名が与えられ、本種(スジシマドジョウ中型種瀬戸内型と呼ばれていた種)には 「チュウガタスジシマドジョウ」という標準和名が与えられている。
【コメント】 スジシマドジョウ種群にはいくつもの種が含まれているが、本種は近畿から瀬戸内海地方を中心に幅広く分布している比較的メジャーな種だ。 多くの観賞魚店で売られていることは大変残念で、家の近所でスジシマドジョウと売られているのはだいたい本種であることが多い。 筋模様が美しく、その模様は多様で、同所で捕った個体あっても、まるで人の顔や指紋のように、全く同一ということがない。 夏に捕れる数cm程度の幼魚は、体側の模様が点列でとても可愛らしいが、成長するに従い筋状につながっていくようだ。 成長しても季節や個体によって現れたり、消えたり、途切れたり、繋がったりする筋があって面白い。 生息しているところには同所に大量にいることも多く、ひとすくいで数十匹なんて場合もある。 また、タモ網に入った本種を素手で取り出そうとするとき、頭部に隠されたトゲに痛い思いをすることも多い。 肉眼ではほどんど確認することができないほどの小さなトゲであるが、小さな魚体からの些細な抵抗を感じるときだ。

春に捕った雄。体長は5cm程度。 体側には真っ直ぐに走る明瞭な2本の縦筋がある。

春に捕った全長6cm程度の雄。 農業用水路の砂礫底にたくさんいた。

春の雌。 体側の縦筋がはっきりしない。

春に捕った個体。 鱗が剥がれているようで、体の模様がかなり不鮮明だ。体やひれの模様が不鮮明な個体が稀に見られる。

春に捕った雌。 雄に比べると体はより大きく、太っちょなので、大きさだけで雌雄がわかる。

春の雄。雄は太く明瞭な2本の暗色縦筋模様。 年中そのような傾向があるが、繁殖期にはそれがより強調されるようだ。いわゆる婚姻色だろうか。

この個体の尾びれ模様は、 本種の典型的な模様とされる2~3列の弧状横帯とは異なる。黒点がまばらにある感じでオオシマドジョウみたい。珍しいかも。

春の雌。トップ写真と同個体。 全長は8cmを越え、でっぷり太っていた。卵をもっていると思われる。模様は色濃くくっきりできれいな魚体だ。心電図のように見える模様が面白い。

これも春の雌。 体側の全ての線模様が出ている。尾びれもきれいな扇形。全長約8cm。

上と同所で捕まえた雌。 この川ではしばらく本種を確認できなかったが、今回は何故か大小数多くの個体が確認できた。川底は泥砂地、砂地が増えた気がするが、河川環境が変化した?

春の雄。淀川に流れ込む支流の淵、砂泥底でタモ網に入った。 繁殖期の雄らしく二本の明瞭な縦筋が見られるが、それは細く、全体的にやさしい感じがした。

春に捕まえた体の透明感が美しい全長5.5cmの個体。 大中小さまざなま個体が確認できた、すばらしい農業用水路だった。

夏の河川中流の砂底で。 透明感のある体に走るはっきりとしたストライプが本種の魅力だ。指の間に潜り込もうとしている本個体を取り出すとき、目の下のトゲでチクッとやられた。

夏の河川で捕った個体。 やや透明感のある体に尾びれの円弧を描く模様がきれいだ。

夏に捕った雄。 全長は8cm程度でかっこいい個体だった。尾びれの弧状横帯模様がギザギザ。

夏に捕った雌。 すーっと伸びるような体形をしている。

夏に捕った雄。 体側のストライプがはっきりしていて、尾びれの横帯模様が太く色濃い。

夏の個体。尾びれの横帯模様は断続的。

秋の河川で捕った個体。 この個体の尾びれは弧状横帯が細く、きれいな同心円状を描いている。

秋に捕った個体。 カネヒラ舞う水路で砂泥底をガサッとやればカマツカと一緒に捕れた。

秋に捕った個体。 この個体は尾びれの模様が弧状の横帯になっていない。尾びれ後端が黒く縁取られていれば尾はオオガタスジシマドジョウのそれっぽい。

秋の終わりに捕った個体。 全長は8cmを超える程度だった。コンクリ水路に溜まった砂底に、3cmに満たない幼魚から成魚までたくさん捕ることができた。体側を走る縦筋は二本だ。

秋に捕まえた全長5.5cmの個体。 淵の端、岸近くのふわっとした砂底により小さな個体も含めて出会うことができた。この川では一時見かけなくなったが最近増えてきた感じ。

冬の雌。反り返ってポーズ。 体側のスジ模様は真っ直ぐはっきり、くっきりだ。

冬の雌。 太くきれいなスジシマ模様をしている。

冬に用水路で捕った雄。全長7cm程度。 体側の縦筋は2本が明瞭だ。泥砂利底に潜っていた。

冬に捕った全長6cm程度の個体。

冬に捕った雄。 やや痩せているのか縦筋が比較的太く、尾びれの大きさが妙に目立つ。

冬に捕った5cm程度の個体。 頭部が大きくてまだ幼い感じがする。

冬に捕った全長4cmの個体。 体側の縦筋はまだ断続的。尾びれ、背びれの模様はそろっていてきれいだ。

同じく冬に捕った全長4cmの個体。 砂底に同サイズの個体がたくさん捕れた。

同じく冬に捕った全長4cmの個体。 この個体は尾びれ基部の腹側の斑紋がとても薄い。やや面が長いようにも感じる。

春に捕った全長約3.5cm程度の個体。 小さくて半透明で可愛らしい。

秋に捕った3.5cmほどの個体。 橋脚の下の砂場の表層をタモ網でサーッとすくうと同じくらいの個体が何匹か確認できた。

夏に捕った3cmほどの小さな個体。 体の透明感がより高く体側の筋が点列だ。成長に従ってつながっていくのだろう。

トップ写真と同じ春の個体。 尻びれ、腹びれ全開だ。卵をもっているのかな。

腹の下にブチ模様をもつ個体。 反対側にはなかった。

雨上がりの見事な晴天を背景に真下から。 腹は白い。

春の雄を真上から。 体側の濃い筋模様が目立つ。こう見るとなかなかスタイリッシュで格好いい。

春の個体を真上からみた様子。 オオシマドジョウとは模様が異なる。

雄の胸びれ。 胸びれの根元には円形の骨質盤がある。 オオシマドジョウやニシシマドジョウとの区別に迷ったときの、同定ポイントのひとつとして使うことができる。

頭部拡大。 目の下にトゲがあるんだけどわかりにくいなあ。胸びれ根元には特徴である円形の骨質盤が確認できる。口ひげは6本ね。

若い雄を正面から。 二本の明瞭な縦筋が見られるが、比較的細い。体には透明感があり、か弱い印象を受けた。

口ひげをぴったり底に付けている。 こう見ると体のシマ模様がよく目立つ。

同時に捕れた個体を並べてみた。 仲良し母子(かなりの確率で実の親子ではないけど)。

last modified:2017/5/6
created:2012/1/7

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system