ボラ Mugil cephalus cephalus
ボラ科ボラ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > ボラ

ボラ

【生息場所】 河口や汽水域ではごくごく普通に見られ個体数はかなり多い。若魚はたまに河川の中流域でも見られる。汚染の進んだ都市河川にも多い。
【外観・生活】 全長は60cm程度にもなる。体は丸みを帯びた円筒形で、正面から見ると逆三角形の形をしていて面白い。 口も正面から見るとへの字形をしていてオリジナリティ抜群だ。お飾りのような小さい背びれは離れて2枚あり、胸びれは斜め上方を向いている。 ボラの仲間には概観上よく似た種類かいるが、本種は胸びれ基部上部に青色の斑紋があることが特徴で、他種との区別に使うことができる。 また、目は大きくては脂瞼(しけん)と呼ばれる半透明の薄い膜があることも特徴だ。 全長5cmくらいまでの幼魚の間は銀泊を貼ったようにキラキラした体色をしているが、成長すると背は青黒くなり体側に細い縦条列が現れる。 海でよく見られる魚であるが、幼魚や若魚は川を数十kmも遡り、完全な淡水でも暮らすことができる。 ダムや堰堤がなかったころは、淀川、宇治川を遡り琵琶湖まで遡上した記録があるというから驚きだ。 群れで行動し、夏などは川沿いを歩いていると水面近くで口をパクパクさせている姿を見かけることも多い。 餌を取っているのだと思っていたが、原因は酸欠なんだそうだ。雑食性であるが、河川では主に底質表面の付着藻類などを食べている。 産卵期は秋で、冬から春にかけて体長2cm程度の稚魚になると群れで河川下流域にも姿を現す。 1年で体長約15cm、2年で30cm、4~5年で50cmくらいに成長し、満4年くらいで成熟するそうだ。 30cmくらいになると水面近くを群泳し、よく空中にジャンプする。
【捕る】 成魚は泳ぎが素早く、構えたタモ網をジャンプして飛び越すことも多いので捕ることは案外難しい。 以前バラエティ番組で、ボートを走らせながらタモ網を空中に構えて水面から飛び出す本種を狙っていたことがあったが、本当に捕れていたのでビックリ。 春や夏になるとボラの若魚ハクやオボコが河口浅瀬に群れたり、集団で河川を遡上して河川支流に進入したりしてくるのでタモ網で捕ることもできるが、 例えば大阪府では全長15cm以下は採補できないなど、都道府県によっては採補制限があるので注意が必要だ。 捕れてしまった場合は、観察した後にやさしく元に戻してあげよう。
【その他情報】 成長するに従い呼び名が変わる出世魚としても有名。 全長が2~3cmのものをハク、3~18cmのものをオボコ、スバシリ、18~30cmのものをイナ、30cm以上をボラ、最大級のものをトドと呼ぶ。 本種は敏捷で目が良い。それは、本種の特徴である脂瞼によって遊泳の際に前方の視界を確保しながら流水の抵抗を小さくしていること、 周囲の音や振動をほぼ全身の鱗1枚1枚にある感覚管孔で感じ取っているからなんだそうだ。 成熟した雌の卵巣は「からすみ(鯔子、唐墨)」の原料として珍重される。 ちなみにからすみは、南欧でマグロ等の卵巣を用いて作られていたものが、当時の唐から日本に伝わり、ボラやサワラが用いられるようになったもの。 からすみとは、その形が唐代の墨に似ることによるそうだ。 また、本種は胃壁が厚く鳥の砂嚢のようになっていて、それは「ボラのへそ」とか「そろばん玉」などと呼ばれる。
【コメント】 ボラ=汽水魚の代表、ボラ=ジャンプする魚である。汽水域に入り込むボラの仲間は結構いて、「ああ、ボラね」とザクッと扱われている魚のひとつでもある。 ハクやオボコといった小型の頃は全身が一様に美しい銀白色で、あの銀箔を貼ったようなキラキラした感じは、さすが海水魚と思うところ。 そんな小型個体はタモ網でも比較的簡単に捕れるが、成長した個体はそうはいかない。 潜んでいるところにタモ網を構えても、いくつもの個体が水面からジャンプして網を上手にかわして逃げていく。 そんな姿を見ると、本種には他の魚にはない優れた視力や運動能力を備えていることを改めて認識する。 JRや阪急に乗って淀川を横断しているとき、本種がバシャン、バシャンと跳ねている姿はいつもの見慣れた光景であるが、 あの勢いよくジャンプする行動は、いったい何のためなのだろうか。 寄生虫を落とすためとか、単に驚いてとか、酸素欠乏とかいろんな説があるようだが、 魚として新しいフロンティアである空に進出する準備をしていると考えるとロマンがあるかも?トビウオにかなり出遅れている感じは否めないけどね。

全長13cm程度の個体。 いわゆるオボコと呼ばれる段階だ。胸びれ根元にある青色斑がよく目立つ。それが本種のトレードマーク。

背びれを広げるとこんな感じだ。 本種は胸びれ付け根に青い斑紋があることが特徴。

秋の汽水は十数cmほどに育った個体であふれる。 群れになって水面近くをウロウロと泳いでいる。この個体も気温の低下とともに海へ下る。

全長13cmの個体。 潮が引いて溜まりになるようなところでは、俊敏な本種でも何とか捕ることができる。ビョンビョン飛び跳ねてものすごいけど・・・。

ひれは上向きについている。

淀川河口から25km程度上流の用水路で 夏に捕った個体。群れで泳いでおり、バサバサと近づくと水面から跳び出しながら逃げていく。

初夏に捕った全長6.5cm程度の個体。 汽水域では群れになって泳ぐ本種がたくさん見られる。丸くてコロコロ。

オボコを並べてみた。特に意味はない。

桜が咲く頃に捕った全長4cmの若魚。 ハクからオボコと呼ばれる段階に成長した頃だ。胸びれ根元はまだ青くない。銀泊を貼ったようにシルバーに輝く体が美しい。 汽水の浅瀬で群れになって泳いでいた。

正面から見るとこんな口の形をしている。 口の形は食性と大きく関係している。泥をすくう食べ方にはこんな形が適しているということか・・・面白い。

干潮時に川に取り残されていた全長約60cmの死骸。 まだ新しく死後硬直していた。

上の個体の頭部。 脂瞼(しけん)と呼ばれる目を覆う半透明の膜がわかるだろうか。

※これらの全ての個体は観察・撮影後、直ちに元いた場所に逃がしました。

last modified:2015/3/13
created:2012/1/7

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system