カジカ大卵型 Cottus pollux
カジカ科カジカ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > カジカ大卵型

カジカ

【生息場所】 河川上流域に生息していて、清涼な流れの主に瀬の石の下に多い。一生を河川で過ごす。
【外観・生活】 日本固有種。1年で4~5cm、2年で7cm、2~3年で成熟し全長15cmくらいになる。 体には鱗がなくて体形はややペチャンコで、3分の1くらいが頭、その頭の半分が口といった感じ。 グロテスクな顔をしているが、よく見ると案外可愛いことに気づく。 本種はひれも特徴的で、胸びれは広く大きく発達していて軟条はすべて分枝していないし、腹びれは吸盤状になっていない。 さらにユニークなのは浮き袋を退化させていることで、それだけ底性生活に特化する進化をとげているということだ。 体色は薄褐色から暗褐色まで変異に富んだ迷彩色。普段は岩肌のくぼみなどにペッタリとくっついていて、見た目には周囲の岩石と区別がつかない。 群れで行動することもなく、同種同士が出会うと威嚇し合うことから縄張りをもつとされている。 繁殖期は3月から6月で、瀬にある大型の浮石の下に産卵する。大卵型の名の通り卵は3mm程度と大きく、それを雄が守る。 孵化した仔魚は川を流れ下ることなく産卵床周囲の礫の間で生活し、卵黄を吸収し終えた頃に流れの緩やかな平瀬の礫底に移動、成長するそうだ。 成魚は夜行性で、水底でジッと待ち伏せし、餌となる水生昆虫や甲殻類、小魚などを見つけると大きな胸びれを使って俊敏にダッシュして丸呑みする。 鈍そうに見えるが石の間を上手に泳ぎ、実は素早い。
【捕る】 底生で岩などにピッタリと体を寄せているので、タモ網をしっかりと底につけて構え、浮き石をどかして捕る。 いつも思うが、本種が生息するような河川上流部は大きな石が多くて、タモ網を構えることが難しく、もどかしい思いをする。 水通しの良いところで川虫を底すれすれで流せば、釣りでも比較的容易に捕れそうだ。
【飼う】 飼育は難しい部類だ。きれいな水を好み水温上昇に弱い。夏季の高水温ではまったく補食せず痩せていき、やがて死んでしまう・・・ 飼育にはクーラーは必須だろう。
【その他情報】 カジカ類は遺伝的に異なる3つに分けられていて、河川上流域に生息する陸封性の大卵型と、中・下流域に生息し両側回遊性の中卵型および小卵型があり、 現在ではそれぞれ別種とみなされている。 形態的には他のカジカ(中卵型、小卵型)よりも胸びれ条数が少ないこと (本種は12~14本、中卵型が13~16本、小卵型が15~17本)で区別される。 カジカの産卵は3種ともに瀬の礫底の浮石の下で行われるが、工事などが行われると浮石の隙間に土砂が入り込み、産卵が阻害される。 また、水質が悪化するととたんに姿を消すデリケートな魚でもある。健全な河川が減少する中、近年急速に数を減らしているようだ。 なお、カジカは「河鹿」の意で、鹿のように美味い魚に由来するという説がある。 唐揚げ、みそ汁、鍋、佃煮などにされ、実際に食べると美味い。漢字で「鰍」と書くのは、秋が旬だからなのかな。
【コメント】 本種は川の清らかさを示す生物指標だ。本種が生息できる河川環境がいつまでも多く残されることを願う。 過去に本種が生息する河川で大掛かりな護岸工事が行われ、影響を心配したことがある。工事完了後に生息が確認できたので一安心したのだが、 長期にわたる土砂の流入が産卵時期と一致していれば、本種はより大きなダメージを受けたかもしれない。 その地に生息する生き物とそれらの生態を把握し、工事による影響を最小限に止めるように配慮して実施されていれば良いのだが、すべてのケースでそうとは限 らず、河川工事を見かけるといろいろと心配をしてしまう・・・。 ところで、本種の容姿は比較的ユニークな部類で、「絵になる魚」のひとつではないだろうか。 頭でっかちで張り出した唇、目はやや前向きに付いていて睨みを利かせているようにも見えるが、愛嬌のある、憎めない顔をしている。 見ようによっては爬虫類系だ。ミニラ(ゴジラの息子)に似てると思うのは私だけ?

春に捕った全長10cmの個体。 石がゴロゴロしている瀬で捕れた。体色は濃く赤褐色をしている。

春に捕った全長7cmの個体。 大きな胸びれが特徴的だ。

山間の河川で捕った全長7cm程度の個体。 タカハヤもたくさん捕ることができた。

春に捕った全長6cmの個体。 頭部や胸びれがやや小さく感じるのは私だけだろうか・・・。

全長5cmの個体。

4cmほどの個体。 ひれを広げて、はいポーズ。

同じく4cmの個体。 上の個体よりもさらに上流で捕れた。餌が少ないのだろうか、痩せている。

冬に捕った全長約8cmの個体。 護岸工事が行われ、生息を心配していたが、工事終了後も確認できた。

全長約8cmの別個体。やや赤っぽい。

冬に捕った全長約6cmの個体。 体色は黄色みが強い。

全長約6cmの別個体。 同じ河川でも周囲の明るさや石の色などで体色が異なる。この個体はずいぶん明るい体色だった。

同じく冬の個体。 全長は6cm程度。第一背びれが明色に縁取られている。

全長3cmの幼魚。 幼魚はこんな白っぽい体色の個体が多いように感じる。

全長3cmほどの別個体。 ひれを全開して、まとった着物を広げて見せているような仕草に見える。

早春に捕まえた全長3cm程度の個体。

初夏のツーショット。 大きい方の個体で体長5cm程度。やや赤っぽい色をしている。

腹びれは2つに割れていて、 ヨシノボリのように吸盤状になっていない。腹面は白い。

それは腹側から見ると更によくわかる。 各ひれはトゲトゲしている感じ。また腹部を覆う筋肉が薄く、大きな獲物を飲み込んだときは、お腹を大きく膨らませ対応することができる。

真上から。大きな胸びれが目立つ。 何かに寄りかかり体をぴったりとくっつけないと落ち着かないようで、観察ケースの隅っこに体を曲げてひっつくように静止することがある。

カジカの頭部。 この大きな胸びれは獲物に向かってダッシュするための強力な推進力を生み出す。ちなみに胸びれの条数は13本だ。

別個体を正面から。 大きな頭部にやや前向きについた目など、ミニラにそっくり。

斜め前から。

大きな顔が隠れているゾ・・・。

last modified:2016/4/1
created:2012/1/7

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system