クロコハゼ Drombus sp.
ハゼ科クロコハゼ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > クロコハゼ

クロコハゼ

【生息場所】 河川河口域や内湾の砂泥底の転石の下に生息している。
【外観・生活】 全長は約5cmで、体は一様に黒赤紫色をしている。少し頭でっかちな体形で、吻が短く口は上向きにやや突き出ている。 第二背びれと尾びれ上部が白色で縁取られる。 雄のひれは雌のそれよりも大きく、雄の第一背びれ中央には特徴的な透明帯と黒色斑がある。 また胸びれ基部の上端には薄黄色の斑点があり、尾びれ基底中央にやや不明瞭な黒色班がある。 動物食だそうだ。
【捕る】 干潮で水が引いたところに残された水溜りなどでタモ網で捕る。
【その他情報】 本種は正式に分類学的記載が行われていない「未記載種」で、幾つかの種が含まれているとされている。 本種は太平洋側に分布し、2000年頃までは和歌山県以南に限られていたが、 2004年に静岡県、2007年には神奈川県で確認され、分布域が北上しているそうだ。
【コメント】 本種を最初に手にしたのは、干潮時に川岸近くに取り残されたごく小さな浅い水溜りだった。 小石がゴロゴロしている水際を歩いていて、目の前にある小さな水溜りに近づくと、ピシャッと何かが動いたことに気付いた。 「俺の姿に驚いた何かがいるな」と思って、早速水溜りの端にタモ網を構え、小石ごと蹴りこむと見慣れない魚が捕れた。 やたらに黒くてひれの長い変な魚、これが本種に対する第一印象だ。とかく、黒くて長いひれがとても印象的だった。 本種は南方系のハゼであるとのこと。温暖化の影響で生息域が急速に北上しているようだが、何か嫌だなあ・・・。

礫底の小さな水溜りにいた。 全長5cm程度の雄。特徴である第一背びれの黒色斑がよくわかる。

同所で捕れた個体だけど、 ひれがビロビロしてないし、第一背びれに黒色斑がないから雌。

全長2cm程度の稚魚。 石組みで付近で捕まえたし、その色やサイズから最初はヒメハゼかと思った。

雄を真上から。 円形に広がる大きな胸びれをしている。

吻は短くて口は上向き。 一様に黒っぽい体であるが、胸びれ基部の上端には薄褐色点がある。 頭部を横からあるいは斜め前から見た感じでは、シマヒレヨシノボリやビワヨシノボリにちょっとだけ似ている。

last modified:2016/11/8
created:2015/8/29

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system