クロサギ Gerres equulus
クロサギ科クロサギ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > クロサギ

クロサギ

【生息場所】 成魚は沿岸の浅いところに生息するが、幼魚が夏から秋にかけて河川汽水域に進入してくる。
【外観・生活】 成魚は全長25cm程度。体は一様に銀白色で背びれの先端が黒く縁どられる。幼魚のうちは体側に不明瞭なまだら模様が見られる。 口は尖がっていて、見るからに突かれそうな感じだが、本種の特徴はその口にある。 普段口はトップ写真の様に折りたたまれているが、筒状にびよーんと下向きに伸ばすことができる。 その伸ばした口を底砂に差し込んでは砂中のゴカイなどの小動物を砂泥ごと吸い込み、後から砂泥を吐き出して食べる。 産卵期は夏で、汽水域では、夏の終わりから秋にかけて全長数cm程度の幼魚が群れをつくって泳いでいる。10cmくらいまでは汽水域で見られるようだ。 泳ぎ方も特徴的で、直線的にスーッと泳いでは止まってホバリングすることを繰り返す。 外敵に襲われるとサッと砂の中に潜る習性もあり、夜間寝ている間も砂に潜っているそうだ。
【捕る】 成魚は防波堤などからの釣り、幼魚は汽水域の干潟などでタモ網を使って捕る。
【その他情報】 あまり流通しないが、味は大変良いとされ煮付けや塩焼き等で食べられる。小骨が多いそうだ。
【コメント】 口が伸びるとか一瞬の間に砂に潜れるとか、いくつかの得意技をもっている面白い魚だ。 しかし個人的にはクロサギという名がちょっと残念。不幸なのはサギという名の鳥が有名だということだ。 サギ(鷺)は水辺でもよく見かける鳥で、シラサギは姫路城の例えに使われるほど美しく、それゆえよく知られている。 当然(?)白がいれば黒もいる訳で、あまり有名ではないが、クロサギという名前のサギもちゃんといる。 で、本種。黒くもないし鳥でもないのにクロサギの名をもつ。はじめて名前を知ったときから、ずーっと変な名前の魚やなあと思っていた。 紀州魚譜には”クロイサキ”として記載されているそうなので、そこから想像するに「黒いイサキに似た魚」ということなんだろう。 でも、本種よりもイサキの方がよっぽど体色は濃いし、サキではなく鳥のイメージが付き纏うサギが名の後半部になってしまった。 センスの良い名前に感心することは多いが、本種の名前はどこか残念感が漂う。

夏の終わりに干潟で捕った幼魚。 全長3cmに満たないくらい。大きな眼に尖がった口をしている。突かれそう・・・。

全長2cm程度の小さな個体。 カメラを向けると観察ケース内を逃げ回るので、撮影は一苦労だった。

銀白色の体。 背びれ前縁に鮮やかな水色の小斑がある。

秋に捕まえた全長3.5cmほどの個体。 干潟の濁った水たまりの中で適当に水をかき混ぜると簡単にタモ網に入ったので、そこそこの数の個体がいたのだと思う。

背面は薄褐色をしている。

last modified : 2016/10/10
created:2015/8/29

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system