マハゼ Acanthogobius flavimanus
ハゼ科マハゼ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > マハゼ

マハゼ

【生息場所】 河川汽水域の砂泥底や砂底に生息している。汚濁への耐性はかなり強く、汚染された都市の河川やその沿岸にも数多く生息している。
【外観・生活】 全長は16cm程度であるが、年を越した個体の中には25cmに達するものもいるようだ。体は細長く薄褐色。 体側に不規則な暗色斑が縦に並び、腹側には光の加減で水色に輝く縦帯がある。背びれや尾びれにも明瞭な点列が並ぶ。 尾びれの斑紋が特徴的で上2/3は斑点でその下は筋状だ。ハゼらしく腹びれは吸盤状だ。上あごは下あごよりわずかに突出して上唇がぶ厚い。 頬やえらぶたに小さな鱗があるのは本種の特徴とされる。 産卵期は早春から春にかけてで、孵化した仔魚ははじめ浮遊生活を送るが、全長2cm程度で底生生活に入るそうだ。 夏には多数の未成魚が河川下流域に遡上侵入してくるが、成長に伴い海の方へ順次移動し、晩秋から冬にかけては沿岸の深みへ移る。 繁殖期になると再び浅場にくるが、産卵後は雄雌ともに寿命を終える。 10cm程までは集団で生活し、ゴカイなどの底生動物を主に食べるが、藻類や小魚も食べるそうだ。
【捕る】 春から夏にかけての未成魚は汽水域の石の下を探ったり、砂底をすくったりすると捕ることができる。 釣りの本には悪食で誰でも簡単に釣れる種として紹介されており、大きくなる夏以降はやっぱり釣りが良い。 イソメやゴカイ、アサリのむき身などをエサにして護岸からウキ釣りや脈釣りで簡単に釣ることができる。 竿を伝わるあのブルッブルッブルッという小刻みな当たりの感触は独特だ。口が固くて釣り針が外しにくいと思うのは私だけ?
【その他情報】 春に孵化した稚魚の成長は早く、夏には6~7cmに育ち「デキハゼ」、10cm以上になると「彼岸ハゼ」と呼ばれる。 旬は9~1月とされ、肉質は白身・淡泊で天ぷらなどにして食べると美味い。バラスト水の影響だろうか、シドニーや北米西岸に帰化しているそうだ。
【コメント】 本種は古くから釣りや食用の対象とされてきた。 海とか汽水とかにあまり縁のなかったところで産まれ育った私にはピンと来ないが、我々日本人にとってかなり身近な魚であるのだろう。 一般にハゼというと本種を指すほど認知度も高いし、淀川下流部でも秋になると釣り竿が並ぶ場所がある。 天ぷらなどにして食べるとかなり美味しいが、近所のスーパーなどに並んでいる姿をあまり見ないのは何故だろうか。 買わんでも、その辺で釣ってきたらええんやけどね・・・。 汽水域は馴染みがないとはいえ、淡水魚好きとしてハゼ釣りくらいは経験しておかないといけないと思い、 数年前(2013年)に初めてやってみたら、簡単に数を釣ることができた。 それからというもの、数釣りができて食って美味いので秋になると毎年釣りに出かけている。 ただ簡単であるがゆえに釣りとしての面白みにやや欠けるので、他に違う面白い魚が釣れないかなあと外道に少し期待をしながらだけど。

初夏に釣った全長11.5cm程度の個体。 この頃に釣れるサイズとしては大きい方だろうか。ウロハゼが圧倒的に多かったが少しだけマハゼが釣れた。 周囲はテナガエビ釣りで楽しむ親子が見られ、小さな女の子が「パパ、ハゼも釣れた~」「また釣れた~」の声。

夏に捕まえた個体。 転石の下などを足で追い込むとたくさん捕れたが、4cmくらいの個体から10cm超の個体までいて、成長には差が見られるようだ。 砂地のところは褐色、大きな石がごろごろしているところは写真のような灰褐色だった。都会の味がしそう。

夏の終わりに釣った個体。 もう随分大きくなっている。勢いよく竿を引く感じは初心者でも楽しめる比較的簡単な釣りで、数釣りが楽しめる。 昼の干潮時前後に急に連れ出し、やはり潮の満ち引きと釣果には大きな関係があると改めて認識した。

体色が薄れるとこんな感じ。 ひれの点列は残るものの、体の暗色斑が消えてしまう。どこか気持ち悪いと感じるのは私だけだろうか・・・。

初秋の全長12cmの個体。 アオイソメを付けて投げると、一投目からブルッブルッと釣れてきた。

別個体。体の腹側は光の加減で水色に輝く。

全長16cm程度の個体。 腹びれや尻びれは薄いオレンジ色だ。脈釣りで竿を地面に置いていたら、ググーッと竿を持っていかれ、危うく落とすところだった。

釣り上げた瞬間は、輝く鱗に目がいく。

初秋に釣った小型のハゼ。 全長は8cmくらいで、成長にはばらつきがある。

彼岸に釣ったいわゆる彼岸ハゼ。 天気は快晴で日差しはきついが風が心地よい。淀川にも大勢の人が本種目当てで釣りに来ていた。淀川では毎年ハゼ釣り大会も開かれている。

上と同時に釣った個体。 アタリが遠のく時間帯にはこんな風に観察ケースに入れて写真を撮る。

全長10cmの個体。 今回はやや小ぶりの個体が多かったかもしれない。

ノドを膨らませるとこんな感じ。 11月に入ると肌寒くなりアタリも随分少なくなる。ハゼ釣りのシーズンもぼちぼち終わりだ。全長は16cmオーバーがメインになる。

上と同時期に釣った別個体。 落ち着くとひれを畳む。初秋の頃の個体と比べるとやや痩せている個体が多かった。

春に捕まえた全長12cmの個体。 春は下に示すような稚魚が多いが、中にはこのようなサイズの個体も捕れる。

初秋に捕った全長5.5cmの個体。 この河川は小さな個体が多かった。水がきれい過ぎると餌が少なくてアカンのかもしれない。

上と同じ個体。 光の加減で背びれや尾びれには褐色点列と白色点列が層になっているようにも見える。

夏に捕った全長4.5cmの幼魚。

春の終わりに捕まえた個体。 よく似たアシシロハゼの幼魚も同時捕れたが、本種の方が頭が大きい。

春に捕った全長3cmの幼魚。 こんな個体が同時にたくさん捕れた。

幼魚の体には透明感がある。 尾びれを挙げたような格好でよく静止する。未成魚の間は第一背びれの後端に黒色斑があるが、成長に伴い消える。

転石がある岸よりの浅い砂底にたくさんいた。 長靴で近づくと群れでササーッと逃げる。

遠くの空を見つめるような姿。 本種ほどこんな姿が似合う魚はいないと思うのは、子供の頃に見たアニメ「ハゼドン」の影響か?

真上からみると、一様に褐色をしている。 吸盤状になった腹びれは大きく、体からはみ出るくらいだ。秋から冬にかけて良く肥える。

ハゼ類と言えば吸盤状の腹びれだ。 本種は特に大きく発達している。

春に捕った幼魚の顔。 このとぼけた感じが本種らしい。

秋に捕った成魚の顔。 大人になって鼻の下が伸びた?

あ~んするとこんな感じ。 大きく膨らむのど、大きな口で貪欲に食べる。細かな歯が並んでいるのがわかるだろうか。

光の加減で目が深い青色をしている。 彼はどこを見ているのだろうか。

夏の干潮時に干潟で転石の隙間をガサガサ。 でっかいテナガエビやウロハゼ、チチブ、小さいウナギなど共に捕ることができた。

小ぶりですが、マハゼの天ぷらです。 白身で淡白なお味、大変美味しゅうございます。骨せんべいもGood!美味しいので数が釣れると嬉しいのだが、その分下ごしらえとかが面倒臭い・・・。

last modified:2017/4/25
created:2013/5/2

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system