モツゴ Pseudorasbora parva
コイ科ヒガイ亜科モツゴ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > モツゴ

モツゴ

【生息場所】 河川や農業用水路でも確認できるが止水域のため池に多い。環境の変化に強く、汚水の流れ込む都市部でも見ることができる。 都市部や郊外に多いコンクリート護岸されたため池には、大量のブルーギル(国外外来種)と本種だけが生息していることも。
【外観・生活】 全長は8cm程度。下あごが突き出て上向きの尖った口をしている。一般には体側に明瞭な一本の暗色縦縞があり、特に若魚では鮮明だ。 産卵期の雄は口の周りに追い星が現れ、鱗の縁やひれが黒色に染まり、えらぶたがうっすらと紫色になる婚姻色を帯びる。 普段はあまりパッとしない容姿であるが、このときの雄はなかなか格好いい。雌は腹部を中心に薄い金色を呈するようだ。 繁殖期は春から初夏にかけてで、卵は石、護岸、杭や枝などにすき間なくぎっしりと産み付けられ、雄が孵化するまで保護するようだ。 このような習性に加え、汚水にも強い性質が、生息条件の悪い都市部でも代表種となりうる要因なのだろう。 雑食性で付着藻類や底生動物など何でも食べる。
【捕る】 ため池などの止水域での釣り、タモ網、モンドリで捕る。コイ釣りなどの管理池で外道としてよくかかる。
【飼う】 水質に強く、飼育は極めて容易。水槽に入れたその日からガラス壁に産卵するほどの図太さをもっている。 水槽内で他の魚を突っつき追いかけ回したことがあるので、混泳にはあまり向かないと思う。 エサを食べるときにパツパツという音を出すことがある。最初は何かと思った。
【その他情報】 モツゴの「モツ」は油っこいを「ゴ」は魚を意味しているらしい。食べると油っこいのだろうか。
【コメント】 本種に対する私のイメージは、ため池でのヘラブナやコイ釣りの邪魔者、エサ捕り(「ジャミ」と言っていた)だ。 ヘラウキを見つめながらここぞというアタリで竿を上げると、腹に釣り針をひっかけた本種がよく釣れてきてイライラした。 本種=ジャミ。特に小さいヤツは正直言ってあんまりええ印象はないなあ・・・。 ところで最近、比較的流れのある支流や用水路で本種が捕れることに少し驚いている。 流れがあると言ってもオイカワが好むような浅くサラサラ流れるようなところではなく、障害物の陰など少し流れに変化があるようなところだ。 最初は上流のため池からたまたま流れてきた個体だろうと思っていたが、捕れる場所をいろいろ考えると必ずしもそうとは言えない。 以前は、池やワンドのような流れがほぼない環境にしか本種は生息しないと思い込んでいたが、 ウロウロしているうちに、本種は止水域を中心に用水路など幅広く生息していることに気づいたという訳だ。 限られた経験からの過去の先入観とか思い込みとかいうのはなかなかやっかいで、やはり、いろんなところを知る必要があると思うのだ。

早春に琵琶湖周辺で捕った個体。 全長は7.5cm程度。体側の縦帯が目立たず、メタリックな体色だ。

春に淀川から取水する用水路で捕った個体。 全長は6cm程度。体色がかなり薄れたが、うっすらと婚姻色に染まり始めていた。

春に捕った雄。 鱗の縁やひれが黒くなり婚姻色が出始めている。口の周りの白い追い星はトゲトゲで固い。

春に捕まえた卵をもっていると思われる個体。

梅雨時期に捕まえた婚姻色を帯びた雄。 ひれは黒くなり、ボディは黒銀色だ。かっこいい~。

夏に淀川の支流で捕った雄。 体高があり、がっしりとしている。体側の縦縞は見られない。婚姻色の名残がわずかに見られる。

夏に捕った個体。 この個体は一様に銀白色で体側に縦縞は見られない。

初秋の農業用水路で捕った個体。 体側の暗色縦縞の上方に緑っぽい金色をした帯がある。

秋の用水路で捕った個体。全長は5cm程度。 体側中央部を走る暗色縦縞が明瞭だ。

縦条がくっきりはっきり。 流れのある大きめの水路にはタモロコが、水が止められ淀んでいるところではモツゴが多く見られた。

稲刈り間近の用水路で捕った個体。 用水路の水は落とされ流れは少なく、モツゴ以外に、コイ、フナ、メダカ、タモロコ、ドジョウ、タイリクバラタナゴなどが捕れた。 写真のアングルからはタモロコによく似ている。

秋の用水路で捕まえた個体。 やや反り返り気味にポーズしてくれた。

冬の初めに捕った5cm程度の個体。 田んぼに繋がる水路で泥底をなぞるようにタモ網を動かせば、大量のメダカ、ドジョウに混ざってこの個体が姿を現してくれた。

冬に捕った個体。 全長は8cm程度。流れのない淀みの草陰に身を潜めていた。ほぼ最大長に近いと思うが、体側の縦縞が比較的明瞭に見られる。

冬の個体。比較的流れのある河川支流で捕れた。 この支流に訪れるたびに捕れるが、結構流れがあるところで、私の「モツゴは止水域」というイメージを狂わせてくれる。

田園地帯を流れる用水路で真冬に捕れた個体。

冬の農業用水路で捕った個体。 光の加減でギラギラだ。

冬にタモ網に入った個体。 コンクリート護岸されていない水路で大中小いろんなサイズを確認できた。

冬に捕った全長5.5cm程度の若魚。 体色は薄くなってしまっているが、体側の縦縞は明瞭だ。

これも冬の個体。 体側のラインをもたない。狭いコンクリ用水路のちょっとした深みにいた。

これも冬の個体。 少しコロッとした丸いシルエットがタモロコっぽく見える。

冬の用水路で捕った個体。全長4.5cm。

夏の用水路で捕った全長4cm程度の個体。 のぞき込む私の陰に驚いて、水深5cm程度の浅いコンクリート水路を逃げ回っていた。

初夏に捕った全長2.5cm程度の個体。 吻先から尾びれ付け根に向けて一直線に走る黒の縦筋が印象的だ。

河川ワンドで捕った全長3cm程度の個体。 子供の頃近所のため池でヘラブナ釣りをしていると、こんな個体がたくさん釣り針に引っかかった。

雄を真上から。 口の周りには追い星が出ていて鱗の縁には黒色で彩られた模様がある。目は左右に少し出ている。

春の雌を真上から。お腹がふっくらしている。

面白いアングル。こう見ると意外とかっこいい。

正面から。うっすらと金色に輝く。

初夏に捕まえた雄を正面から。 繁殖期、口の周りには追星と呼ばれる白いブツブツが現れる。追星はとても硬くてザラザラする。

上と同じ個体。追星がかっこいい。 繁殖期の雄はまさに戦闘モードだ。

last modified:2017/1/14
created:2012/1/7

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system