ナガレホトケドジョウ Lefua sp. 1
ドジョウ科フクドジョウ亜科ホトケドジョウ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > ナガレホトケドジョウ

ナガレホトケドジョウ

【生息場所】 川面を木々が覆う鬱蒼とした山間部の細い谷川や沢に生息し、石や礫、流れに溜まった落ち葉や小枝の下に隠れている。
【外観・生活】 全長8cm程度になる日本固有種。体は一様に褐色で、円筒状で細長く、頭部は上から潰したようにやや平たい。口ひげは4対8本ある。 ホトケドジョウによく似ているが、よりスリムな体形をしていて、眼から吻端にかけて明瞭な暗色斜帯をもつこと、 背びれや尾びれの斑点があまり目立たないことから区別できるとされる。また眼の位置が異なっており、本種はより背側面についている。 胸びれから腹びれにかけて左右2本の白色線がある。これは個体ごとに形状が異なり、個体識別に使えるそうだ。 体はぬるぬるしていて、粗い礫の間をすり抜けるように移動する。繁殖期は5月から7月。流れの緩やかな岸近くの砂底に粘性の沈着卵を産む。 ホトケドジョウとは異なり、仔稚魚は浮遊・遊泳生活期をもたずに直ちに底性生活に入るそうだ。 夜行性で昼は礫の下などに身を潜めており夜に活動する。主に底生の水生昆虫などを中心とした雑食性だ。
【捕る】 タモ網で捕る。石や礫、落ち葉や溜まった小枝の下などに隠れている。 魚がいるとは思えないようなごく浅いところにいる場合もあるので、大きなタモ網が逆に邪魔になる場合も。
【その他情報】 兵庫県などではホトケドジョウと同所に生息しているところがある。 見た目もよく似ているため、本種は近年までホトケドジョウの型のひとつとされていた。現在では別種とされているが、まだ学名がついていない。 本種は遺伝的に山陽集団と紀伊・四国集団に二分される。紀伊・四国集団は体背面や背びれ、尾びれに斑点をもつ個体が多いとされている。 本種は自然度の高い場所に局所的に生息するため、山間部の道路建設や砂防堰堤の設置などに伴い、生息環境が悪化、現在急速に減少している。
【コメント】 本種をはじめて捕ったのは、背の高いヒノキ科の木々が茂る薄暗く細い川だった。 タモ網に入った2匹を見て、「うわ、こんなところでホトケが捕れた」と思った。でもすぐに違うと思った。 まずは見た目。細長くて一回り大きい。それから手にもった感じが違う。 ホトケドジョウは手でもってもホケーッとしてることが多いが、本種は筋肉質で力強い。 掴まれまいとして指の隙間をすり抜けたり、小さなプラケース内を素早く逃げ回ったり、地面に落ちたとき狂ったように跳ねまくる感じが全然違う。 これは最上流に生息することに適応した結果なのだと思う。ホトケドジョウも本種も自然度の高い環境に生息しているが、 里山のような人が生活している近くでも生息できるホトケドジョウと異なり、本種は薄暗い山奥に生息している。 個体としてたくましい感じは受けるが、人が近くで生活している、生息環境に人の手が少し加わる、それだけで姿を消してしまうデリケートな魚なのだろう。

A地域:大阪湾流入河川域

杉の落枝が重なる淀みでタモ網に入った。 同じ川でも山を登って行って民家が途絶えるポイントより上流に生息してる。この個体の全長は7cmに満たない程度。

全長6cm程度の個体。 川岸のあちこちから湧水があるようなところだった。ホトケドジョウとは異なりひれに斑点はあまり見られない。

上と同所で捕まえた個体。 同時にタカハヤの稚魚も捕れた。ぬるっとしている感じとか、一様に茶色っぽい上から見た目もよく似ている。うっかりすると間違えそう。全長6cmだった。

ホトケドジョウよりも眼から吻端にかけて、 明瞭な暗色の斜帯がある。

背がポコッと盛り上がる。 口ひげは血管が透けて見える。大きな胸びれも印象的だ。

真上から。 ホトケドジョウに比べるとより細長く、胸びれもより大きい。

正面からの感じはなおさらホトケドジョウと違う。 口ひげはより長く、中上流域の石の間に住むアカザにどこか共通するものを感じるのは私だけ?

真正面からはひげで目が隠れる。 つまり真正面は見えていないということだ。おもしれ~。

B地域:近畿日本海流入河川域

小旅行でたまたま立ち寄ったところで。 鬱蒼とした山間の春の川だった。冷たい水に我慢しながら、落ち葉や小枝が溜まっているちょっとした淀みで捕まえた。全長は8cmくらいだった。

同じ川で捕まえた個体。 ホトケドジョウと比べると、より細長い。観察ケースの中を動き回る感じも全然違う。見た目の違いもあるが、手にしたときの感じがぜんぜん違う。

背びれや尾びれに小さな斑点が見られる。

わかるだろうか、 胸びれから腹びれにかけてウネウネした白線がある。

上から見たところ。 頭部の感じが違う。眼の位置もより背面側についている感じだ。

眼から吻端にかけて 暗色の帯がある。

正面から。 頭は上から潰したようにやや平たい。口ひげは4対8本でホトケドジョウよりも長い。

last modified:2017/2/21
created:2016/3/25

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system