オウミヨシノボリ Rhinogobius sp. OM
ハゼ科ヨシノボリ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > オウミヨシノボリ

オウミヨシノボリ

【生息場所】 琵琶湖流入河川および湖岸に生息している。
【外観・生活】 全長は7cm程度。雄の尾びれの付け根に橙色の斑紋があることが特徴とされる。 目から吻先にかけて左右2本の赤色線があり、ほほに赤色の小斑点がある。体側には比較的明瞭な暗色斑が並んでいる個体が多い。 雄の第一背びれは伸長し、前端が白く染まる。胸びれは18~22条。 他のヨシノボリ類同様に腹びれは吸盤状になっており、石や垂直な壁などにひっつくことができる。 繁殖期は春で、雄は浮き石などの下面に産卵床をつくり、雌を呼び込んで産卵させ、雄が卵を孵化するまで守る。 孵化した稚魚は琵琶湖内で浮遊生活をし、夏になると底棲生活をするようなった稚魚が河川や水路を遡上してくる。 雑食性で水生生物を好むようだ。
【捕る】 岸辺の草の下、水草の脇、石などの周りを探ってタモ網で捕る。 アカムシをエサにした底付けの仕掛けで釣れたこともある。食性から考えると釣れないこともないのだろうが、釣れた時はびっくりした。
【飼う】 飼育は難しくはない。 ただし、複数匹を水槽に入れると我先にと好きなところに陣取り、縄張り争いをするため、障害物や隠れ家などを存分に入れた方がよい。 エサはアカムシなどが良く、人工飼料だと食べずに痩せてくる個体が出てくる。 お腹がすいていると混泳魚にかみつくので、混泳している魚が心配であればエサを絶やさないことが重要だが、現実的には難しいだろう。
【その他情報】 本種は過去にトウヨシノボリと呼ばれる大きなグループに属していた。 そのグループには多くのタイプが含まれており、過去にはその中からビワヨシノボリ、トウカイヨシノボリ(ウシヨシノボリ)が、 2010年にはシマヒレヨシノボリ(トウヨシノボリ縞鰭型と呼ばれていた)が個別種として提唱された。 2013年2月発刊の日本産魚類検索全種の同定第三版(以下第三版)では、トウヨシノボリという名称は姿を消し、 独立種とされた上記3種を除いた残りのトウヨシノボリのグループは、オウミヨシノボリ(琵琶湖流入河川他に分布)、クロダハゼ(関東平野に分布)、 カズサヨシノボリ(房総丘陵に分布)、未掲載(その他地域に分布)の種に分けられた。 上記分類については疑問をもつ専門家もいるようで、未だ分類については混沌としている。
【コメント】 ヨシノボリ類はその姿、顔の表情、行動が実にユーモラスだ。 個体数も多く比較的簡単に捕ることもできるので、子供達が川魚に親しむ入門として重要な種だろう。 奈良に住んでいた子供の頃は比較的地味なシマヒレヨシノボリだけが遊び相手だったせいか、 春に琵琶湖流入河川河口部で本種をはじめて手にしたときはその大きさや鮮やかさに驚いた。 青黒い体をした繁殖期の雄は立派でとかくカッコイイ。 夏になるとその年生まれの可愛い稚魚たちが列をなして琵琶湖から遡上してくる。 大きな段差があっても平気だ。吸盤状になった腹びれを上手に使って、真上から落ちてくる水流に逆らって垂直な壁をツツツーッ、ツツツーッと上っていく。 川遊びに来た子供達は、そんな本種がたくさん張り付いた壁を見つけると、サーッと手でなぞって、わざとヨシノボリたちを落としてしまうこともある。 ヨシノボリたちからすると随分迷惑なことなのだろうが、それも子供が魚たちと触れ合う大事なコミュニケーションのひとつなのだと思う。

春に琵琶湖流入河川中流部で捕った個体。 全体が濃いブルーグレーになり体はメタリックに青黒くなる。

春に琵琶湖流入河川下流部で捕った個体。 繁殖期を迎え雄が婚姻色を帯びている。尾びれ付け根の橙斑がよく目立つ。

同所で捕れた別個体。 全長は7cm程度。尾びれの付け根以外に、尾びれの下部、尻びれも橙色に染まる。体側の斑紋もよく目立つ個体だ。

婚姻色を帯びた個体の中で最も大きかった個体。 雄々しく、青黒く、力強い。

繁殖期の雄。 水中から上げるとこんなにも鮮やかだ。

繁殖期の別の雄。 この個体はほぼ黒だ。黒青色の鱗がシブイ。全長は7.5cmくらい。

琵琶湖流入河川で捕った繁殖期の雌。 卵でお腹が膨れている個体がたくさん捕れた。大きな胸びれだ。

琵琶湖流入河川で捕った雌。 全長5.5cm。卵をもっているようで、お腹がパンパンだ。

初夏に琵琶湖流入河川下流域で捕った個体。 この個体は頭部が灰色だ。

別河川で初夏に捕った個体。 春の繁殖期ほど鮮やかな体色をしていない。

真上の個体と同個体。 上から見ると、背びれの白線が明瞭だ。頭部はやや灰色がかり、大きく左右に張り出していることがわかる。

雌は地味な印象を受ける。 やや小さめのきれいな雄と一緒に捕れたのだが、恋仲を邪魔してしまったのならごめんなさい。

冬に捕った個体。 繁殖期の春はまだ遠く、派手さ加減はやっぱり低い。

琵琶湖に流れ込む細い流入河川で 冬に捕った個体。今春生まれの小さな個体が多かったが、それらに混じってタモ網に入ってくれた。

早春の琵琶湖流入河川中流域で捕った雄。 全長は7cm程度あった。体色やひれの色が比較的薄い。体側の斑紋は青っぽく、尾びれ付け根の橙色がとても鮮やかだ。

上と同時同所で捕った全長6cmの雌。 この個体は体側の暗色斑は目立たない。鱗のオレンジ色が網目模様をつくっているように見える。

上と同時同所で捕った全長約3.5cmの個体。 この個体も体側の暗色斑が明瞭でない。

早春、別河川下流部で捕った個体。 全長4cmに満たない程度だった。

本種はたまにこのように腹がぷっくりした個体が 捕れる。同じ場所で同じような個体が複数捕れるので、寄生虫か何らかの病気なんだろうな。見ていて可愛そうだ。

早春に捕った全長約7cmの雄。 大きく伸びた第一背びれが立派!

上の雄と同時にタモに入った雌。 全長6.5cmくらいで、体は濃褐色だ。

ひれを全開した雄。全長約5.5cmとやや小ぶ り。

ずいぶん黒っぽい個体が捕れた。 尾びれ基部の橙色がよく目立つ。琵琶湖近くの春の用水路で。

夏になると、 琵琶湖から大量の稚魚が河川を遡上してくる。写真は水が流れる垂直の石の壁をはい上がっている稚魚。 この芸当は胸びれが吸盤状に進化したおかげでなせる技である。

繁殖期の雌を正面から。 胸びれの条数は21本ある。この数値が確認できれば、カワヨシノボリではないとわかる。この個体は胸びれ根元に放射状に並ぶウネウネ模様をもつ。

雄を正面から。 頭部が左右に張り出す。

雄の顔を側面から。 頬には暗赤色の斑点がある。 口には細かな歯が並んでいる。

グレーの顔をもつ雄を正面から。 目と吻先をV字に結ぶ赤色の線、頬にある小斑点がよく目立つ。

※本種はこれまで「トウヨシノボリ」として紹介してきたが、上記に示した通り、現在トウヨシノボリには幾つかの種が含まれた総称であること、 第三版で新たに記載された分類名称による図鑑が出版されはじめ、「オウミヨシノボリ」の名称が認知されつつあることなどから、 改めて「オウミヨシノボリ」として扱う。

last modified:2016/4/24
created:2016/1/5

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system