オヤニラミ Coreoperca kawamebari
ケツギョ科オヤニラミ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > オヤニラミ

オヤニラミ

【生息場所】 河川の中流、上流域のヨシや水草の多く茂った川岸の淀みや緩やかな流れの場所に生息している。水の澄んだ場所に多い。
【外観・生活】 全長は13cm程度。上顎から背びれ基点まで背面中央線上に淡褐色の縦帯があり、眼から放射状に赤茶色の条模様が広がる。えらぶたの後半には暗緑色の斑紋 があり、先述の放射状の条模様と合わせて、魚の模様になっているがわかるだろうか? 環境やストレスによって体色を黄褐色や暗褐色に変えるが、同種間での信号として役立っているそうだ。 単独生活を好み、性質は非常に攻撃的。自分の縄張りを主張して侵入者を攻撃する。その一方で、雄は子供をとても大切にする一面を併せもつ。 繁殖期は5月前後で、雄は岸近くのヨシや枝を中心になわばりをつくる。 普段は雄雌関係無しに縄張りに入ってくる個体を攻撃するが、繁殖期の雄は雌に寄り添い必死にアピールする。 しかし卵を産ませることに成功し受精をさせたら、すぐに「あっち行け」とばかりに追い払う。こんな姿は何とも雄として正直で、妙に憎めない。 その後雄は甲斐甲斐しく卵と稚魚の世話をする。卵を守っている雄は特に攻撃的になるようだ。 見た目通りの肉食性で、水生昆虫やエビなどの甲殻類、小魚などを食べている。
【捕る】 岸近くのヨシの根元、倒木の細枝の周りなどにいるため、タモ網で捕る。アカムシをエサに釣りをすると草陰からスーッと出てきてパクッと食べる。
【飼う】 飼育は容易。人にもよく慣れ、姿が見えると障害物の陰から寄ってくるかわいいヤツだ。エサは冷凍アカムシなんかでも飼育できるが、 生きたヌマエビや小魚、ヤゴなどの水生昆虫を与えたときの活き活きとした様子を見ると、生餌に越したことはない。 同サイズ以上の大人しい種類の魚とは一緒に飼育できるが、腹を空かせていると突くこともあるので様子を見て判断しよう。 なわばり意識が強いので、同種間での混泳ではさらに注意が必要だ。 狭い水槽であれば幼魚の頃から季節に関係なく小競り合いがあり、弱い方の個体が死ぬまで攻撃を繰り返すこともある。 流木や石などの障害物を置いたり、水草を多めに植栽して逃げ隠れできる場所をつくったりしてやると良い。
【その他情報】 えらぶた後ろにある斑紋が4つの目があるように見え、地域によってはヨツメと呼ばれるところがある。 卵を守っている雄は非常に攻撃的なのに、ムギツクに集団で托卵されてしまうことで知られる。
【コメント】 日本の淡水魚としては独特の風貌と、攻撃的なんだけど恥ずかしがりやさんで好奇心旺盛という性格が面白く、とても愛嬌のある魚だ。 水槽からも正面を向けて愛くるしい両目でこちらの様子をうかがうなど、他魚にはない魅力がある。 そのことから本種のファンがいることは確かで、残念ながら本来の生息地ではないところに放流され定着しているところもある。 絶滅が心配されている種であるが、そのような放流個体は駆除しなければならず、複雑な事情を抱えた種のひとつだ。 かつては淀川のワンドにも生息していたといい、本来、本種が好む生息環境は日本のあちこちにあったのだろうが、現在は生息地が狭められている。 本種が生息している河川で岸辺に座って川面を見ていると、岸際のジャングルからスーッと現れてその辺りを泳ぎまた岸際に隠れ戻るような姿が見られる。 清らかな水に本種をはじめとした多数の魚たち、そんな水辺がいつまでも残り続けることを願うばかりだ。

全長6.5cm程度の春の個体。 ヨシの根塊の中に隠れていた。岸から水面をのぞくと、私の姿に気付いた成魚がスーッと岩陰に隠れた。

夏に捕まえた全長約4.5cmの個体。 本種は体色をコロコロ変えるが、体に横帯模様が見られる。本流から離れた湧き水がある止水域で捕まえた。

夏に捕った全長約8cm程度の個体。 本流から外れた淀みで、岸に垂れ下がる草を蹴り込むとタモ網に入ってくれた。明るい体色をしている。

全長約7cm程度の個体。 口は大きく開き、狙ったヌマエビなどを周囲の水と一緒に一気に吸い込む。

暗色の横帯がはっきりわかる個体。 えらぶたの後半にある暗緑色の斑紋は、自分を大きく見せたり、相手の攻撃をかわすために役立つという。

暗色の横帯が消失した個体。 取り上げると案外大人しく、あまり逃げようとしない。

秋の初めに捕まえた全長6cm程度の個体。 体側の縦帯がはっきりしている。ひれは橙色で美しいスタイルだ。

水が流れ、少し深くなったところのツルヨシの根元に隠れていた。 全長は5cmを超えるくらい。光の加減かほほのあたりが青緑色に見える。

全長4cm程度の小さな個体が捕れた。 本種は体色をコロコロ変えるが、この個体はずーっとこげ茶色。

秋に捕まえた個体。 コンクリートで護岸され、生息環境としては良くない印象をもった川ではあったが、 草やヨシが生えているところがあり、そこでタモ網に入った。 最初はブルーギルもタモ網に入ったので、まさか本種がいるとはとは思わなかった。

本種は一定間隔で生息している。 一匹タモに入ったらその一足下流側でまた一匹のように、一匹ずつ捕れる。

冬に捕まえた全長9cm程度の個体。 水が淀んだ淵の岸でタモ網に入った。この個体はほほの条模様が赤くて、まるで隈取のようだ。

同じく冬に捕まえた若い個体。 全長6cmに満たないくらい。個体数の減少が心配されているが、いるところには結構いる。 この場所は水の透明度は高いが、決して水質が良いという印象は受けなかった。川の構造が大事なんだな。

全長約5.5cmの個体。本種の特徴である えらぶたの後半にある暗緑色の斑紋がよくわかる。ヨツメ(四つ目)なんて呼ぶ地方もある。この個体、妙にうろこ模様がはっきり。

太陽の光を浴びて体色が薄れてしまった。 眼から放射状に伸びる赤茶色の条模様がよくわかる。

冬に捕まえた全長4cm程度の個体。 今年生まれだろうな。岸から垂れ下がる枯れ草の中に潜んでいたようだ。小さい個体は、タモ網に入る枯れ草と紛らわしく、見落としてしまいそう。

盛夏に捕れた全長数cmの幼魚。 体の模様ははっきりしないが、吻がとがり眼の形が特徴的で既にやんちゃな顔つき。川を歩くと、幼魚がササーッと散るように逃げる。 本種が好む環境は非常に少なくなっている。

別の幼魚を光を透かして撮影してみた。 背骨が丸見え。

下あごが突き出た個体が捕れた。 全長8.5cm程度。この口は奇形なのかな。体は暗色をしていたが、血のように真っ赤な腹びれが印象的だった。

体形がずぐりしている個体が捕れた。 第二背びれあたりから急にすぼんでいる。尾びれの付け根も狭い。個体差なのかそれとも奇形なのか。

日本の淡水魚とは思えない容姿だな。

今年生まれと思われる個体を ポツポツと捕ることができた。小さな個体は特にかわいい~。 ひとつのケースに入れて並べて気づいたのだが、個体によって顔が微妙に違う。個性がある。

本種にとって幸か不幸か、 この独特の姿に魅了される人は多い・・・。

真上からみるとこんな感じ。

真上から。この個体は明暗がはっきりしている。

おちびちゃんのツーショット。かわいいでしょ。

体をふら~っと浮かせ、尖がった眼を向けてこちらを気にしている。 見ようによっては、ちょっといきったモヒカンの兄ちゃんみたい。

若い個体。 口先から背にかけて薄褐色の帯がある。こちらをのぞき込むようにスーッと近づいてくる。

成魚を正面から。 さすが肉食魚、悪そうな顔だ。口に見える細かな歯が、さらに悪者感を出している。ひれをヒラヒラさせながら、こちらを警戒しているようだった。

last modified:2017/9/16
created:2012/1/7

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system