オオシマドジョウ Cobitis sp. BIWAE type A
ドジョウ科シマドジョウ亜科シマドジョウ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > オオシマドジョウ

オオシマドジョウ

【生息場所】 河川の上流から中流域の比較的水がきれいな砂底や砂礫底に生息している。流れのある川にいて、砂に潜っていることも多い。
【外観・生活】 日本固有種で、全長14cm程度になる。ドジョウの仲間なので口ひげがあってその数は6本だ。 体色は薄黄褐色で、体側中央に目立つ黒い斑紋が縦に一列に並び、背方に小さい黒点模様が筋状に散在している。 体側の斑紋模様はつながっている場合も多く、同所で確認できる個体でも様々なパターンがある。 尾びれの黒点模様はまばらで、チュウガタスジシマドジョウのようにいくつかの弧状模様にはなっていない。 目の下には小さなトゲがあり、捕まえようとするとチクッとやられる。体をくねらせ砂底を前進しながら底生小動物や有機物を食べる。
【類似種との違い】 本種はトップ写真のように尾びれ基部にある2つの斑紋は2つとも明瞭で互いにつながっている個体が多いとされ、 それが良く似たニシシマドジョウとの区別点とされる。 しかし、私がウロウロする大阪周辺で捕れる個体は腹側の斑紋が色薄い個体の方がむしろ多く、あてにならない。 典型的な個体を除いて形態での区別はかなり難しいと言えよう。 雄の胸びれにある骨質盤は鳥のクチバシ状に尖っていて、よく似たスジシマドジョウ種群と区別できる。
【捕る】 流れがあり比較的柔らかく積もった砂礫を好むようだ。 中州の下流部や周辺などの砂がたまったところ、深くなっているところの傾斜面などで、水底面の砂礫底をザーッとタモ網ですくう。 いるところにはたくさんいるという感じで、一匹見付ければ必ずその周辺にも別の個体がいるような感じだ。
【飼う】 飼育は容易。丈夫でスジシマドジョウ種群よりもエサをよくとり、飼育していても本種はあまりやせることはない。 しかし過度にエサの掃除屋として飼育していると、エサが十分に行き渡らず、そのうち痩せていく。 これはドジョウ類やカマツカなどの「底モノ」共通の留意事項なので気を付けたいポイントだ。
【その他情報】 本種はシマドジョウ西日本集団4倍体型と呼ばれていた種。これまでシマドジョウ種群は4種に分けられ、 シマドジョウ西日本集団4倍体型、シマドジョウ西日本集団2倍体型、シマドジョウ東日本集団、シマドジョウ高知集団の暫定和名で呼ばれていたが、 シマドジョウという名称は2012年4月25日に消滅。 本種(シマドジョウ西日本集団4倍体型と呼ばれていた種)には 「オオシマドジョウ」という標準和名が与えられた。
【コメント】 滋賀県内の生息域は限られるようだが、近畿では比較的普通に見られる種。 本種とはじめて出会ったのは淀川の支流で、少し水深がある礫底だった。 上からのぞくと背に連続した斑点模様をもつ大きな個体がすぐそこにいて、手に持っていたタモ網をうまく伸ばせば十分に届く距離にあった。 手前側から礫ごと表面をザーッと一気にすくうと、幸いにもタモ網に入ってくれた。その時の本種の姿は今でも鮮明に覚えている。 その個体はすぐにタモ網の砂礫の中に潜り込もうとしたが、取り出そうとしているうちに、急に体をくねらせ狂ったように飛び跳ねはじめた。 ピョンピョンピョンピョン跳びはねて何処かに行ってしまいそうだったので、思わず両手でお椀をつくりかぶせたほど。その力強さに驚いた。 トップ写真を含めて写真の個体は全て、大阪府北部・南部または兵庫県中南部(トップ写真は大阪府北部)で捕まえた個体。 地理的な分布上はいずれも本種ということなのだが、外観上ニシシマドジョウっぽい個体もいて、かなりややこしい。

春に捕った全長9cm程度の雄。 体側の模様はつながった斑模様というより一本の縦筋のようだ。尾びれ基部の2つの黒斑は明瞭でつながっている。 また尾びれはとても大きくその斑模様もつながっている(大阪府)。

これも春に捕まえた雄。体側の斑紋模様は個体によってかなり違う。 晴天のもと、新緑のにおいが漂う河川での魚捕りは気持ちがいい。この個体の全長は10cmだった(大阪府)。

全長11cmの雌。雌は体高があり、むっちりしている傾向にある。 体側中央に並ぶ斑模様が美しい個体だ(大阪府)。

春の雄。 淵の斜面の表層を砂利ごとタモ網ですくうと捕ることができる。タモ網の接近に気づいたカマツカがたまに驚いて先へ逃げていく(大阪府)。

春に捕った雌。 全長14cm程度あり、これまで捕れた中では最大だ。卵をもっているせいか背が大きく盛り上がっている。 尾びれ基部腹側の斑紋は捕れたその瞬間から薄い(大阪府)。

春に捕れた雌。全長11cm程度。 この個体も尾びれ基部腹側の斑紋は薄い(大阪府)。

春の雄。全長9.5cm程度。 えらぶた下部に輝く金色がとても目立った個体だったが、ボディも薄く金色に光っているのがわかるだろうか(大阪府)。

春の雄。全長10cm程度。 ふんわり積もった砂底に潜っていた。本種はカマツカと一緒に捕れることが多い(大阪府)。

春に捕った全長10.5cm程度の雄。 雌と比べると雄は全体的にほっそりしている(大阪府)。

春の砂礫底で捕まえた全長7cmほどの雌。 転石をゴロリとするとタモ網に入った。周囲の環境が黒っぽかったので灰色っぽい体色をしている。 砂泥底にはチュウガタスジシマドジョウがたくさん見られた(兵庫県)。

夏の個体。全長は9cm程度。 礫がごろごろするところのボサの下でタモ網に入った。本種らしく尾びれ基部にある斑紋はともに濃く明瞭でつながっている(兵庫県)。

夏に捕った個体。 しばらく明るいバッカンに入れていたため、体色がかなり薄れてしまった。尾びれ基部にある背側の斑紋のみが妙に黒く目立つ(兵庫県)。

秋に捕った雄。全長9cm程度。 尾びれの模様がチュウガタスジシマドジョウっぽい(大阪府)。

同じく秋に捕った雄。 体側に真っ黒な太い縦筋がドンッとある感じだ(大阪府)。

秋に捕った雌。 体側の黒色斑が比較的独立している。尾びれ基部の斑紋は2つとも明瞭でつながっている(大阪府)。

秋に捕った雌。 ムチムチでとてもグラマラスだった。 尾びれ基部の腹側の斑紋は薄いというか、ない?(大阪府)。

秋に捕った雄。 本種らしく尾びれ基部の2つの斑紋は共に明瞭な黒色であるが、体は比較的スマートで体側に並ぶ斑紋は比較的独立していて、 雰囲気はニシシマドジョウに似ている。こんなのが滋賀県内で捕れたら悩む・・・(兵庫県)。

比較的大きな斑紋が体側に並ぶ個体。 以前まで見られなかったが、水の透明度が高くなってきてから増えてきたように思う(兵庫県)。

冬に捕った全長9cm程度の雄。 大きな石がゴロゴロしている川で砂が集まっているところをごっそりやると、砂の中から姿を現してくれた(大阪府)。

冬に捕った雄。全長は9cm程度。 尾の端が黒く縁取られており、スジシマドジョウみたいだ(大阪府)。

同じく冬に捕った全長6cm程度の雌。 尾びれ基部の斑紋は本種らしい(大阪府)。

冬の川で捕まえた雄。 全長9.5cmくらい。淵に落ち込む砂の斜面で大中小数匹確認できた。どこかやさしい雰囲気だ(兵庫県)。

早春に捕った雄。 全長6cm程度。雄の胸びれは大きく先が尖っている。狭い観察ケースに入れたのでくるっとカールしている(兵庫県)。

早春に捕った全長6cm程度の若い雌。 体側に斑が均等に並び、優しい印象を受ける(兵庫県)。

春に捕まえた全長6cm程度の雄。 ピシッと気を付けをしているような姿勢がよい(大阪府)。

全長約5.5cmの個体。 秋の台風後に落ち着いた河川の砂礫底で(大阪府)。

全長10cmの春の個体を左右から。 右側と左側の模様は異なっている(大阪府)。

タモ網からすくい上げた直後の雌。 全長は14cm程度あった。体がてかっていて、ツルッとしている感じがわかる。頭からつかもうとすると、目の下のトゲでチクッとやられる(大阪府)。

大阪府北部で捕れた個体であるが、 尾びれ基部にある下の斑紋の色がぼんやりしている個体が多かった。ほとんどがイレギュラー個体なの?(大阪府)

上から1つ目の雄。 背の斑模様が不明瞭で、背中央に一本の黒線がある(大阪府)。

トップ写真を除く上から3つ目の雄。 背の斑模様を串刺しするように背中線が走る(大阪府)。

上から5つ目の全長14cmの雌個体。 背の斑模様がはっきりしている。上から見るとお腹がふくれてポッチャリ。雌の胸びれは雄のそれより小さくて丸みを帯びる(大阪府)。

上の個体群を真上から観察した様子。 背には明瞭な斑紋が並び、スジシマドジョウ種群とは異なる(大阪府)。

礫底にいる個体。 カモフラージュ模様になっている。こんな風に見えたら、手前からタモ網を入れて砂礫ごとごっそりとすくう。 砂礫で重くなったタモ網の中を探すと、本種がニョロニョロ動きながら出てくるはずだ(大阪府)。

シマドジョウの仲間は口ひげが6本。 真横や正面からはわかりにくいが、下から写したこのアングルだとよくわかる(大阪府)。

雄の胸びれ。 胸びれ根元に、鳥のクチバシ状と比喩される骨質盤がある(大阪府)。

春の個体の頭部拡大。 えらぶた下部はきれいな金色に輝き、捕った瞬間目が奪われた。胴の部分も上からうっすらと金色をかぶせたようだった(大阪府)。

雄を正面から。 体色は地味だったけど、どこか可愛い顔をしている(大阪府)。

雄を真正面から。 胸びれがクリンとしていて、ふわっと羽ばたきそう?(大阪府)

春に捕まえた雄(左)と雌(右)が並んでこちらを向いてくれた。 正面から見ても雄と雌は区別がつく。雄は胸びれがより大きく、雌はより体高がある(大阪府)。

last modified:2017/5/6
created:2012/1/7

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system