ツチフキ Abbottina rivularis
コイ科カマツカ亜科ツチフキ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > ツチフキ

ツチフキ

【生息場所】 ため池や流れの緩い用水路、河川の中下流域の浅い砂泥底に生息している。常に水底にいる。
【外観・生活】 全長は10cm程度。 コイ科底モノ三兄弟(カマツカ、ツチフキ、ゼゼラ種群)の中では最もずんぐりしていて、背が盛り上がっているので猫背に見える。 体色や体側の斑紋の様子はカマツカに似ている。口は下向きで口の両端には短い1対の口ひげがあり、成熟した個体では上あごの後ろの背面が一部くぼむ。 特徴的なのは口から目にかけて比較的太い暗色帯があることだ。 「カマツカのように砂には潜らない」とものの本にはあるが、飼育しているとたまに体の半分くらいを砂に沈めていることがある。 自然界で砂底に潜るかどうかは不明だ。見た目は鈍くさそうだが、ツツーっと素早く泳ぐ。 繁殖期は春から初夏で、雄は背びれを伸ばし、胸びれの前縁には尖った追星を出現させ、腹びれや尻びれをオレンジ色に染める。 雄はすり鉢状の巣をつくって雌を誘い、雌はそこに寒天質に被われた卵を産み、雄が孵化するまで卵を保護するそうだ。 コイ科の中では珍しい習性で、雄が雌より大きい理由はそんな性質が影響しているのかもしれない。 雑食性で、イトミミズや有機堆積物(デトリタス)、浮遊動物、付着藻類などを食べる。
【捕る】 泥っぽいところをタモ網で探る。経験はないがアカムシを底付けすれば釣りでも捕れるかも。
【飼う】 飼育はやや難しい。昨日まで普通だったのになぜ・・・という突然死も発生する。 水槽内での突進力はすごくて、驚くと水槽の壁に頭をぶつけまくる。大きな個体になるほど注意が必要だ。 エサは良く食べるが素早く食べることができないので混泳魚の選択にも工夫がいる。 底砂に頭を突っ込んで体をやや浮かして懸命にエサを食べる姿はどこか一生懸命さが感じられ、個人的には好きだ。 繁殖期には雄が円状の巣をつくりその周囲に陣取る。何度も作り直すところが健気で、水換えの度に崩してしまっていつも申し訳ない気持ちになる。
【その他情報】 ツチフキという名は、雄が巣をつくる際に口に含んだ土をえら孔から吹き出す動作に由来するそうだ。
【コメント】 やっと出会えた底モノ三兄弟の次男坊ツチフキである。「どっかにいてもおかしくないんやけど」と思っていたが、やっとタモ網に入ってくれた。 その場所は水田地帯の中にある用水路だった。流れは緩やかで水深は浅く、底には田んぼの泥が溜まり、早春の田おこしの影響で水が薄褐色に濁っていた。 カマツカが砂底や砂礫底を好むのに対して、ツチフキは泥っぽいところを好むととある本にあったが、ホントだった。 大きい雄はカマツカに似ていて、胸びれ前縁には小さな錨のような追い星が並んでいた。 本種は雄が巣をつくり卵を守るとても子煩悩な種だ。このギザギザは近寄ってきた他魚を追い払うためにきっと役立つに違いない。 そんな本種もかつての淀川ワンドには多く生息していたと聞くが、環境が変わってしまったそこでは今やもう見られない。 今回見付けることができた生息地も、狭く限られた環境であるとの印象を強く受けた。 関東などの移入先ではすっかり定着しているというが、淀川周辺と何が違うのだろうか。

春分の頃に捕った全長 8.5cmの雄。背びれが大きく後縁が丸い形をしている。胸びれ前縁にはトゲトゲの追い星があり、腹びれ、尻びれは黄色く色付いていた。

別の雄。 背が大きく盛り上がっていて、カマツカやゼゼラと比較するとずんぐりしている。丸く大きな背びれを畳むとこんな感じ。 8cm以上もあるとなかなかの迫力だ。

さらに別の雄。 捕れたときから体色が薄く、体側の斑模様が不明瞭な個体だった。こういうアングルから見るとカマツカに似ている。

若い雄と思われる。 全長は5.5cm程度。

全長約6cmの雄。 小ぶりであるが胸びれには追星が出ていた。

全長約6cmの雌。 雄と比べると一回り小さい。雄とは背びれの形が違う。後縁は直線的で形は三角形といった感じ。

春に捕った雌。 ひれを全開するとこんな感じでなかなかスタイリッシュ。全長は7cm程度あり、そのとき捕れた雌の中では比較的大きめだった。

別の雌。 背びれや尾びれには点列が平行に並び、体側には7個程度の暗色斑が並ぶ。

桜の青葉が出始めた頃に捕まえた雌。 体の全体的な雰囲気で雌だとわかるが、大きく膨れたお腹を見れば一目瞭然。

別の雌。 ケースの中で体を反転させようと浮き上がったところをパチリ。雄のようにひれが色づくことはないようだ。

全長は7cm程度。 卵をもっているようでお腹がぷっくり。

4月に捕ったトップ写真と同個体の雄。 繁殖期には、雄は気性が荒くなり、他の雄や他魚がなわばりに入ってくると激しく追いやるようになるようだ。全長約10.5cm。大きくてかっこいい!

狭い観察ケース内で 体を反転させようとした瞬間をパチリ。ひれを全開。背びれはまだもう少しのびる。

梅雨のはじめに捕まえた個体。 全長5cmに満たないくらい。全長3~5cmくらいの個体を捕ることができたが、その中で最も大きかった個体。

この個体も5cmくらいあった。 小さくても背が盛り上がって成魚と同じ体形をしているが、側面の斑模様がよく目立つ。小さいのがかわいいんだ、これが。

同時に捕まえた小さい類の個体。 全長3cmに満たないくらいだった。幼い感じがまだ残っている。

秋に捕った全長4.5cmの若い個体。 雌雄の差なのか、生まれた時期の差なのか、個体差なのか、成長にはばらつきがある。

光の当たり方によっては、 青紫メタリック色に見える。鱗の構造色によるものだが、水の中ではどんな風に見えるんだろう?

早春に捕った 雄雌のペア。手前の雌は全長7cm程度あり、お腹が大きかった。卵をもっていると思われる。

胸びれを広げ底モノらしく定位する。 背面はオリーブ褐色で、斑紋がある。

繁殖期を迎えた雄。 腹びれがうっすらとオレンジ色に染まり始めている。

繁殖期の雌。 お腹が膨れ、ころっとしている。無事に卵を産んで、子孫を増やして欲しい。

伸長した雄の背びれは存在感抜群。 尾びれが黄色っぽいこともあって、なんとなくトラ模様。

春の雄成魚の胸びれ。 前縁には堅く尖った追い星が出る。ギザギザでノコギリの刃のようだ。巣に侵入してくる他魚を追い払うのに役立っているのかな。

口から目にかけてある暗色帯がある。 口の大きさや口ひげの長さはいずれもカマツカとゼゼラ種群との間というところ。口ひげは見ようによっては牙が生えているようだ。

立派な雄の顔。 口はこんな風に三角形をしている。口の周囲には追星らしきブツブツも見られる。

若い個体がこちらの様子をうかがっている。 子豚っぽく見えるのは私だけ?

おチビちゃんを並べてみた。 ひとつひとつの個体はかわいいんだけど、集めるとこちらをうかがうまん丸お目目がちょっと怖いかも・・・。

last modified:2017/6/23
created:2013/3/17

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system