ウキゴリ Gymnogobius urotaenia
ハゼ科ウキゴリ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > ウキゴリ

ウキゴリ

【生息場所】 河川の中流域から下流域の流れの緩やかな淵などに生息している。
【外観・生活】 全長は13cm程度。体色は薄褐色を基調とし、体側の中央部に不規則な濃褐色の斑紋が縦に並び、背中には雲形の斑紋が散在している。 第一背びれの後方にある大きな黒と白の斑が、他のウキゴリ属との区別ポイントだ。口が大きくて目の下くらいまで裂ける。 産卵期は雄、雌ともに腹びれや尻びれが黒っぽくなり、雌はトップ写真のように腹側面が黄色くなる。 両側回遊をする種であり、孵化仔魚はだたちに海に下るが2~3cm程度に育つと集団で上流に向かって戻ってくる。 ハゼの仲間は底にいることが多いが、本種は珍しく中層に浮き上がりフワフワとしていることも多い。 貪欲な動物主体の食性なので動きは結構素早く、大きな口に入るものなら何でも食べるようだ。主に水生昆虫や甲殻類を食べている。
【捕る】 流れの緩やかな河川、水路の草むらをタモ網で捕る。初夏には幼魚も含めて多く捕れる。
【その他情報】 ウキゴリの仲間には本種の他にスミウキゴリ、シマウキゴリがある。 前者は第一背びれの黒色斑がない点、後者は黒色斑が小さく流れのある平瀬を生活場所としている点が異なる。 また本種は両者と比べて、浮き袋の容量が大きく、腹びれが長いという特徴があるが、それらは止水環境への適応と考えられている。 形態で面白いのは、舌先が2つに割れていること。まるでヘビのようだが、何か意味があるのだろうか。
【コメント】 浮いているゴリ(ハゼ類を指す名)だからウキゴリ。安易な名前のようだが、本種ならではの特徴を捉えているといったところだろう。 主に河川の中下流域のあちこちで捕ることができるが、河口から50km以上も離れた水路(すでに淀川ではないのだが)でも稚魚や成魚がみられる。 体長はわずか数cmしかないのにあの距離を流れに逆らって上ってくるとは、ゴリと言えど遊泳力のある種なんだなあと思う。 ところで、本種は舌先が二つに割れていることが面白い。魚の舌って味や臭いを感じる何か特別な機能はなさそうだけど、なぜ他の魚と形が異なるのだろうか。 形は丸っぽいが、なぜヘビやオオトカゲと同じく二つに割れているのだろうか。 進化の過程でそうなったのならきっと理由があるはずで、「ウキゴリ君、どうしてそんな舌をしているの?」と聞いてみたい。

春に捕った全長9cm程度の個体。 雌は腹部が鮮やかな黄色に染まる。

春の個体。 用水路の脇にあるボサの下に隠れていた。おそらく雄だと思う。

春に捕った全長7cm程度の個体。 薄褐色の体にある斑模様がよくわかる。

春、サラサラ流れる農業水路で捕まえた。 海からはかなり離れているが、本種にとって好適な環境があるのか、ここではポツポツ見られる。

春の個体。 全長5cm程度。やや浅い岸近くの淀みで。

梅雨の中休みに捕った個体。 10cm程度のアユが右往左往する琵琶湖流入河川で、ヌマチチブなどと共にたくさん捕れた。

初夏に捕まえた個体。 流れのあるところのボサを蹴りこむとタモ網に入った。

初夏に捕った若魚。 背びれ、尾びれの縞模様が良く出ている。

砂地にいたせいか、やや体色の薄い成魚。

全長13cmの個体。 これまで捕れた中では最大だ。ボサを蹴り込むと雄・雌ペアでタモ網に入った。恋の邪魔をしてしまったかも知れない。

初夏に捕った個体。 体の模様が比較的明瞭だ。

盛夏に捕れた全長7cmの個体。 光の加減によっては目は緑青色に見える。岸よりのごろた石の陰に隠れていた。

秋に捕った個体。 類似サイズがまとまって捕れた。

冬にタモ網に入った個体。全長は11cm程度。 捕れたときからこんな濃褐色だった。顔がイサザっぽい。

早春に捕った個体。 いつもはポツポツ捕れる場所なのだが、捕れたのはこの個体だけだった。

春のはじめに捕った全長12cm程度の雌。 卵で腹が大きく膨れている。

背びれや尻びれはこんな形をしている。

早春に捕った個体。 産卵期が近づき、腹が鮮やかな黄色に染まっている。

全長4.5cm程度の幼魚 。

きれいな水が流れる川で捕った 全長4.5cm程度の個体。

全長3cm程度の稚魚。 初夏の琵琶湖流入河川でたくさん捕れた。

初夏に農業用水路ですくった稚魚。 小さい体で河口から50km以上も遡上してきたということなのかな。

真上から見るとこんな感じ。 爬虫類系の雰囲気だ。

用水路の中にいる個体を見つけた。

顔を斜め正面から。左右に大きく避けた口をしている。 第一背びれ後方にある大きな黒と白の斑がなければ、スミウキゴリと区別つかないなあ。

正面の姿。肉食魚らしい、厳つい顔つきだ。

口を開けてみた。 舌先はこんな風に2つに分かれている。カエルのような間の抜けた表情が面白い。

last modified:2017/5/3
created:2012/1/7

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system