ウロハゼ Glossogobius olivaceus
ハゼ科ウロハゼ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > ウロハゼ

ウロハゼ

【生息場所】 河川汽水域の砂底から砂泥底に生息している。 岩穴などを好み、身を隠せる障害物の近くにいることが多く、護岸ブロックの下や捨てられたタイヤの陰などに潜んでいる。
【外観・生活】 全長は7~20cm。ハゼの中では比較的大型になる。体は褐色で、目から下あごにかけて暗色の筋があり、体側に大きな5つの暗色斑紋があることが特徴だ。 下あごは上あごより出ていていわゆる受け口をしている。 産卵期は夏から秋で、雌は砂底の平たい石やブロック片の下に産卵し、雄が保護する習性をもつ。 外観や生態はマハゼに似るが、マハゼのように純淡水域には入らず、移動も少ないそうだ。 大型になるほど塩濃度が高い水域に生息する傾向にある。夜行性が強く、昼間は障害物の陰に潜み、夜になると開けた場所に出てくる。 肉食性でゴカイや小形の甲殻類、小魚などを食している。
【捕る】 マハゼを狙った釣りで釣れる。汽水域砂底の石の下などに潜んでいるのでタモ網で捕ることもできる。 ウナギが好みそうなパイプや竹筒に隠れていることもある。
【その他情報】 岩穴を好むことからウロの名がある。または、ウロとは「虚」で行動が鈍く鈍感なハゼの意があるそうだ。天ぷらなどにして食用にされ美味しいという。
【コメント】 私にとってあまり馴染みのない汽水域に生息する魚のひとつ。本種と最初に出会ったのはマハゼに混じって捕れたときだ。 全体的に黒っぽい感じや受け口の形から、 多く捕れている色の薄い方(後でマハゼと判明)とは違う別種類のハゼ(後で本種と判明)が捕れていることはわかっていた。 当時はゴクラクハゼをマハゼと思い込むほど、汽水ハゼに関する知識を全くもっていなかった頃だ。写真を撮って自宅に帰り図鑑と見比べた。 新しい種類が捕れると嬉しいもので、本種についても「何が捕れたんだろう」とワクワクしながらページをめくったことを覚えている。 その後、マハゼに次ぐ超普通種であることにほんの少しだけがっかりしたんだけどね・・・。 初秋の汽水域で竿を並べていた皆さんはマハゼのみを狙って釣っておられるようだったが、 むしろ本種やボラなどの違う種類が捕れて喜んでいたのは私くらいだった。観察ケースに入れて撮影していた時も不思議そうな顔で見られた。 本種は美味しくて地方名も多いそうなので、マハゼ同様に古くから馴染みのある魚のひとつであったと想像できる。マハゼくらい美味いのかな。

初夏に釣った個体。釣り上げた時は黒い。

同じく初夏の個体。全長11cm程度。 マハゼよりも多く釣れた。体色が明るいと目からあごにかけての暗色の筋がよく目立つ。

全長8cm程度の小型の個体。

晩夏に捕ったトップ写真と同じ個体。 全長は14cmくらい。干潟近くで捕れた。第一、第二背びれの前縁が薄黄色に、第二背びれの先端が薄いオレンジ色に色付いている。

初秋にハゼに混じって釣れた個体。 全長は8cm程度。全体的に黒っぽく、体側には5つの暗色斑がある。

上と同個体。こんなにも色が変わる。 周囲が明るいとこんな風になるようだ。

秋の干潟で捕まえた全長8cm程度の個体。 干潟の水たまりは茶色く濁っているので、タモ網を放り投げて手前に引いてみるやり方でも、いろいろ捕まえることができた。

早春の干潟で捕まえた全長12cm程度の個体。 水中に沈んだ竹筒を見つけたので、タモ網で受けて水を抜くと出てきた。動きはまだどこか鈍かった。起こしちゃってごめんなさい。

初秋に捕った全長3.5cm程度の個体。 少しスリムだけどここまで大きくなると、本種らしさが出ている。

春に汽水域で捕れた全長2.5cm程度の幼魚。 たくさんのマハゼ幼魚と一緒に数匹捕れた。こっちを向いてニコッと微笑んでいるように見える。

一緒に捕れたマハゼ(右)と。 暗色の斑模様や各ひれの条数などがマハゼと異なる。

初秋に捕った全長2cmの稚魚。

各ひれには点列が並ぶ。

ケース内を動いているところをパチリ。 石などにひっつくための腹びれはこんな感じだ。

体操の選手のように、 体をピーンと伸ばしてポーズを決めているような姿が撮れた。面白い。

体色の明るい個体を真上から。 頭が大きく、背には2つの大きな暗色帯があることがわかる。

頭部を真横から。 下あごが上あごより突き出ているので、口は上向きだ。

正面から。 胸びれ付け根2カ所にも暗色模様がある。頬は黒く、ガラの悪い顔だ。

釣り上げるとこんな風にバンザイする。 参りました・・・って感じかな。

last modified:2017/3/24
created:2013/3/17

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system