ヨドゼゼラ Biwia yodoensis
コイ科カマツカ亜科ゼゼラ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > ヨドゼゼラ

ヨドゼゼラ

【生息場所】 琵琶湖・淀川水系固有種で、淀川水系河川の中流から下流域、ワンド、タマリ、水路などの砂泥底に生息している。琵琶湖にも生息している。 季節的な増水などの攪乱があって、水位差の大きい不安定なところを好むようだ。
【外観・生活】 全長は8cm程度。2010年にゼゼラ種群から独立種とされた。 ゼゼラと比べると全体的にはずんぐりしてる感じで、ひれの感じや暗色小斑点の分布など幾つかの相違点がある。 ただし、冬の個体はスリムでゼゼラと紛らわしい。 春から初夏の産卵期には雄の体が黒銀メタリックの婚姻色に染まり大変格好良くなる。 雨などの増水がきっかけとなって産卵するようで、ヨシなどの水草の根の間などに透明で粘液に包まれた卵を産み、雄が卵を保護するそうだ。 口は下向きに小さく、突くようにして泥の表面にある藻類や底の有機堆積物(デトリタス)などを食べている。 ゼゼラ同様に多くが1年で成熟し、産卵後一生を終える年魚である。
【捕る】 もっぱらタモ網採集である。口のサイズなどを考えると釣りではまず捕れることはないと思う。 夏の終わり頃にはその春に産まれ成長した3~4cmくらいの個体が捕れる。
【飼う】  飼育は難しい。ゼゼラほどではないが、同様にすぐに痩せてしまうし、たまに理由もわからず突然に死ぬことがある。 過去何度かの飼育では半年くらいで死なせてしまっていた。 しかし、本種のみの単種飼育とし、細かくした餌を横取りされることなくゆっくり採ることができる水槽環境にすると、痩せることなく数年間飼育できている。 本種の場合、採餌面で工夫が必要だ。ただ年魚なので、繁殖させるとその後死んでしまうと思う。
【その他情報】 本種は2010年にゼゼラ種群から個別種として記載され、琵琶湖淀川水系ではアブラヒガイ以来となる28年ぶりの新種とされる。 ゼゼラと比較すると、全体的にずんぐりしていて、体高や尾柄高が高く、背びれや尾びれの暗色小斑点の分布帯が広く、尾びれの切れ込みが浅い。 繁殖期の雄であれば背びれが伸張し後端が円くなる、胸びれ前縁に現れる追星が大きくて数が少ない(15個未満)などの特徴がある。 さらに縦列側線鱗数などにも違いがあるという。ちなみに本種の側線鱗数は34~35枚であり、ゼゼラの36~38枚より少ない。
【コメント】 過去の淀川には河川本流とは別のワンドやタマリといった場所が数多くあり、そこは現在よりもずっと水位変化が大きかった。 そしてそこには優先するほど多数の本種(当時はゼゼラとして扱われていた)が生息してたそうだ。 天然記念物のイタセンパラ同様に「氾濫原をもつ本来の淀川」に適応し特化してきた種なのだろう。 現在の淀川は淀川本来の姿を失ってしまったため、本種にとって好適な環境は少なくなっており、個体数の減少が進んでいる。 ヨドゼゼラのヨドは淀川を指す。淀川は京都・大阪という大都市圏を流れる大きな河川である。 人口が多いところを流れるため、地域の経済社会や、人の考えや生活に大きく影響を受け、人の都合により変えられやすい川だ。 自然のままに里山を流れる川とは全く異なる。 そんなところに生息し続けてきた本種はきっと、人が自らの都合のみで、暴力的にそして急激に変化させた河川環境に戸惑っているに違いない。 いかにも繊細そうな本種の個体数減少はその現れだろう。 イタセンパラとは異なり、まだ生息しているところはあって、たまに捕れると妙に嬉しくて飼育したい気持ちに襲われる。 でも本種の飼育は難しいので、最近は出会いに感謝し、キャッチアンドリリースすることにしている。

初夏の陽気の中で捕った春の雄。 繁殖期を向かえ黒銀メタリックな婚姻色に体を染めている。周囲には産卵のために集まってきたと思われるコイやナマズがウロウロしていた。

全長約7cmの雄。 岸近くの草の下でタモ網に入った。小さな魚ですがカッコイイです。

別場所の雄。 ゼゼラと比べると随分コロコロしているが、見かけによらず動きは俊敏だ。水はあまり入れていないのに観察ケースの壁を何度も越されそうになった。

繁殖期の雄を捕まえた。 草の根元やツルヨシの根、転石の横などで捕まえることができたが、雄が多かった。なわばりをもっていたのかも知れない。 この婚姻色、いつ見ても素晴らしい!今年も出会いに感謝だ。川に戻そうとしたら、自ら観察ケースを乗り越えていった。

本種が確認できたのはいずれも砂泥底だ。 過去はもっと広く分布していたと思うが、本種にとって好適な生息地は限られている。人による環境改変が招いた結果だろう。

春に捕った雄。全長は約6.5cm。 背が大きく盛り上がり、体は全体的にずんぐりしている。冬に捕れる個体の体形とはだいぶ違う。

背びれ全開。 後縁が膨らむように円くギザギザになっている。ゼゼラとの相違点のひとつだ。

真横を向いて真っすぐに静止してくれた。 コロッとした体形をしているが、泳ぎは想像以上に素早く、ツツツーッと真っすぐに移動する。

小河川で春に捕った雌。 雄と比べると背びれは小さい。お腹が大きく膨らんでいた。

卵をもってりると思われる雌。 全長は6cm程度。ひれの暗色小斑点も少なく、ボディもシルバーで色白美人だ。背びれは再生し始めているが、何者かに噛み付かれたのかな。

体形は丸っこくてずんぐり。 本種らしいやさしい感じを受ける。中層を泳ぐモロコを底モノにしたようだ。全長は5cm程度。

冬に捕まえた全長5cm程度の個体。 太陽の光を浴びてシルバーにキラッと輝くボディがいい感じ。冬の個体はどれもスラッと細長い体形だ。

上と同時に捕まえた。 いずれも上と同じくらいのサイズだった。手にするたび、かわいい~と思うのだが、飼育が難しいのが残念。

淀川支流で冬に捕った個体。 淀み、流れのあるところなど、結構いろんなところで捕ることができた。捕れてすぐは体色が濃い。

冬は比較的スマートだ。 ボディラインだけを見るとゼゼラみたい。

吻は丸くてとても可愛らしい印象だ。 背の色はオリーブグリーン。

背びれや尾びれには 暗色小斑点が全体的に散らばる。尾柄がスリム。

淀川から水を引く用水路で捕った個体。 全長6cm程度。ここは冬になるとたまに姿を現してくれる。

冬に捕った全長6cm程度の個体。 足で水底をかき混ぜると適度に泥が舞うような砂泥底でタモ網に入った。 水位差の大きなところが好きで、決してきれいとは言い切れない河川支流でも入りこんでくる。 胸びれを立てて反り返るような格好をたまにする。

春になると肉付きが良くなり、 背がグンと盛り上がる。冬の個体と比べるとなかなかの変身ぶりだ。体側には暗色斑が並ぶ。

桜散るころに捕った春の個体。 婚姻色や追星は見られず、繁殖にはまだ少し早いようだ。

光の加減ではメタリックに光る。 尾びれの切れ込みは浅く、体の割に大きい。暗色小斑点が尾びれや背びれ全体に広がっている。

初夏に捕った全長2cmほどの幼魚。 写真のような個体が岸近くの草むら根元で何匹か確認できた。親魚はすでに見られなかった。

同時に捕った更に小さな個体をもう一枚。 透明感のある体の斑模様が目立つ。

春の雄はメタリックな体色。光のあたり具合にもよるが ギンギラギン。

繁殖ピーク時に捕まえてすぐだと、 雄はこんな体色。婚姻色である黒銀メタリック色が強く出ている。明るい場所にいれると他魚同様に色が薄れる。

頭部拡大。 下向きに突き出た小さな口がわかる。この小さな口で底のデトリタスを突きながら食べている。

繁殖期の雄の胸びれ。 前縁には堅く尖った追い星が2列並んでいる。ギザギザでノコギリの刃のようだが、ツチフキのそれよりずいぶん細かい。キラキラしていて 薄っすらと金粉をまいたよう。

春の雄。 鱗は構造色らしいメタリックな輝き。腹びれはゴールドパールに色付いて美しい。

春に捕ったペアを真上から。 画面上が雌、下が雄だ。ひれの端は独特のパール色に輝いてきれいだった。体の模様はカマツカそっくり。胸びれを広げ定位していることがわかる。

冬に捕った個体を真上から。 やはり冬はスマートだ。捕れる場所の環境で体色は少し違ってくる。この個体は背は緑がかった褐色グレーで暗色斑がある。

春はもうすぐ。 いつまでもこんなかわいい魚たちと出会える水辺であって欲しい。

淀川につながる用水路でヨドゼゼラ発見。 こんな姿をいつまでも見たいものだ。流れの中をそろって遡上中?

雄を正面から。吻はずいぶん丸い。 もしかしてちょっと睨んでる?

雄を真正面から。かわいい顔をしている。

幼魚の口は開くとこんな感じ。 とっても小さいのだ。

捕った何匹かの個体を集めて ”おしくらまんじゅう”。かわいい顔がいっぱいだ。

繁殖期に捕まえた。 すぐ上の写真の個体もあと2、3カ月もすればこんな風になる。 右の3個体が雄、左の1個体が雌だが、雄の変貌ぶりはなかなか。どこか無表情だし、こう見るとちょっとグロいかも?

last modified:2017/5/13
created:2012/1/7

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system